MTMacro便利!!

Blogもいろいろ見栄えをこり出すと、タグを打つのがメンドウ。で簡略化するためにMTMacroというものを導入しました。マクロを定義して置換処理等で独自タグを定義できます。独自タグを定義しておけば、<code> を、<div class="code"> に変換したりと、タグの記述を自分流に省略することができます。

- スポンサーリンク -

導入手順は以下の通りです。

  1. MTMacro プラグインを手に入れる MT Brad Choate: MTMacro というサイトから MTMacro をダウンロードします。現時点での最新版は 1.52 のようです。随分と更新がないのでこれが最終版っぽいです。
  2. ダウンロードした MTMacro プラグインをサーバにアップロード ダウンロードしたプラグインを Movable Type をインストールした先の plugins / extlib に対して以下のように FTP します。
     (mt home)/plugins/macros.pl
     (mt home)/extlib/bradchoate/macros.pm
     (mt home)/extlib/bradchoate/postproc.pm
    その他のプラグインの設置方法と何ら代わりはありません。
  3. テンプレート・モジュール に MTMacro を登録します mt1.jpg

    「テンプレート > モジュール」へ進み、テンプレートを新規作成をクリックします。テンプレートの名前を MTMacro として、モジュールの内容にマクロを定義します。マクロの定義は、

     <MTMacroDefine 〜
     </MTMacroDefine>

    で記述します。「MovableType/MTMacro - PukiWiki:魂の叫」には、<hatena> ほげほげ </hatena> と記述した部分を、自動的にはてなダイアリーキーワードにリンクするのマクロが公開されていまして、
     <MTMacroDefine name="hatena" ctag="hatena">
     <MTIncludeURL timeout="5" >
     http://wo.dip.jp/mt/misc/040206/hatena_link.cgi?str=<MTMacroContent encode_url ="1"><MTMacroContent>
     </MTIncludeURL>
     </MTMacroDefine>
    とマクロを定義するとのことです。これは便利かと思います。
  4. MTmacro を使いたいテンプレートに 設定をする MTmacro をテンプレート内部で使うためには、
     <body%gt; タグの直後に、
     <$MTInclude module="MTMacro"$>

     <$MTEntryBody$> と <$MTEntryMore$> のオプションにapply_macros="1"を追加
     <$MTEntryBody apply_macros="1"$>
     <$MTEntryMore apply_macros="1"$>
    の一行を追加する必要があります。 MainIndex、各種アーカイブ(Category Archive、Date-Based Archive、Individual Entry Archive)に追記しておくと良いかと思います。
  5. MTmacro で有効なタグ(詳細は配布元サイトを参照
    • <MTMacroDefine>: Container tag used to declare a new macro.
    • <MTMacroApply>: Container tag that applies existing macros against content.
    • <MTMacroReset>: Resets the macro system, clearing all existing macros.
    • <MTMacroContent>: Tag for accessing child data from container tag macros.
    • <MTMacroTag>: Provides the tag being processed.
    • <MTMacroAttr>: Tag for reading attributes from tag macros.
    • <MTMacroMatch>: Tag for retrieving matched elements from a pattern-based macro or matched elements from a tag-based macro that uses a pattern for the tag name.
    • <MTNull>: Container tag that literally does nothing.

以上で、MTmacro がエントリー内部で使用可能となります。超便利!

- スポンサーリンク -