qmail/vpopmail のインストール

とあるメールサービスのシステムを考えているのですが、メールアカウントを発行するために OS ユーザとして登録するのってポリシー的に嫌だなぁと思って調べてみたら、vpopmail ってのがありました。vpopmail はメールサーバに仮想ドメインや仮想ユーザーの機能をアドオンするためのシステム、OS ユーザーには全く手をつけずにメールユーザーを管理できます。OS レベルから隔離してメールアカウントを管理するので、セキュリティー的にも安全です。

vpopmail は qmail と postfix に対応しているので、汎用性は高いと思います。インストール方法は、こちらにめちゃくちゃ詳しい説明があるので、書くまでもないですね。ただ各種ソースが消えつつあるので、バックアップをとっておきました。見つからない場合は、どうぞ。

  • qmail-1.03.tar.gz / qmailのソースコードです。
    > ftp://ftp.jp.qmail.org/qmail/qmail-1.03.tar.gz
  • qmail-date-localtime.patch / qmailを日本時間にする為のパッチです。
    > ftp://ftp.nlc.net.au/pub/unix/mail/qmail/qmail-date-localtime.patch
  • ucspi-tcp-0.88.tar.gz / tcpserverです。xinetdの代替です。
    > ftp://ftp.jp.qmail.org/qmail/ucspi-tcp-0.88.tar.gz
  • vpopmail-5.4.0.tar.gz / vpopmailのソースコードです。
    > http://www.inter7.com/vpopmail/vpopmail-5.4.0.tar.gz
  • qmHandle-0.5.1.tar.gz / qmail のメールキューを管理するツールです。
    > http://www.io.com/~Emick/soft/qmhandle.html
- スポンサーリンク -