どっちが旨い?>赤いきつね vs どん兵衛

DSCN2373.JPGDSCN2374.JPGDSCN2376.JPGDSCN2378.JPG
うどんは関東より関西の方が美味しいとよく言われるが、僕もそう思う。カップ麺も関東と関西では味付けが異なるのも有名だ。ちなみに実家の名古屋では関東ダシ。岐阜あたりで関西ダシに切り替わるんです。 ちなみに、関東ダシは濃い口醤油+鰹ベース。関西ダシは薄口醤油+昆布ベース。 さて話を戻して、カップ麺のうどんでメジャーなのは「赤いきつね」「どん兵衛」ですよね。関西バージョンでは、どっちが旨いか食べ比べをしてみた。
  • 蓋を開けたとき、親切だと思ったのは「赤いきつね」の方だった。「どん兵衛」は粉末が揚げの下に入っている。何故に?
  • 熱湯を入れる前の違いは、粉末の色と乾燥ネギの量程度。完成後は香りが「どん兵衛」の方が断然上でネギも本物っぽい。
  • ダシの濃さと風味は「どん兵衛」の勝ち。飲み比べると「赤いきつね」は物足りないと感じた。
  • 揚げの旨さは「どん兵衛」の勝ち。基本的に、ダシを吸い込んでの味なので仕方がないか・・・。「どん兵衛」の方が甘めの揚げだった。
  • 麺の旨さは「どん兵衛」の勝ち。「赤いきつね」は腰が強いと書いてある割には、縮れてブツブツな感じ。「どん兵衛」の方はツルツルでシコシコ感があって美味しい。
ってことで、「どん兵衛」の圧勝でした。味の判定が終わった時点で、普通に食べたわけだが、夫婦でどっちを食べるかでもめる前に「赤いきつね」を選んであげた僕は偉い!?
- スポンサーリンク -