風邪を引いて赤ちゃんお預け状態 (´Д⊂

会社でも風邪がすごく流行っていて、移されてしまいました・・・orz
お陰で実家へ帰ってオムツとかを渡してトンボ帰り・・・幾ら赤ちゃんが初乳を飲んで免疫力が高まっている時期(6ヶ月間、その効果が続くと言われています。)とは言え、いらぬ病原菌を持ち込むわけにはいきませんからね。
 
今週は赤ちゃんお預け状態で寂しいです 。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
 
ついでなので、初乳について調べてみました。「子育ての医学情報>初乳だけはぜひ赤ちゃんに飲ませてほしい」に詳しく解説がありました。

- スポンサーリンク -

初乳とは哺乳動物の出産後24〜28時間のあいだ産生されるお乳を意味します。初乳は一般の乳よりかなり複雑で、自然界の何処にもないナチュラルな免疫と成長要素を含んでいます。

生まれてきた赤ちゃんは、ほとんど免疫機構といえるものをもちあわせていません。母乳の製造器官である乳腺は、妊娠とともに免疫物質の製造器官ともなり、免疫物質の中心的な役割を果たすIgA(免疫グロブリンA)をせっせと製造し、乳汁中に分泌していきます。こうした免疫物質の濃度は、初乳が圧倒的に高く、IgAの場合、通常の母乳の10〜20倍も含まれています。しかも、免疫系で力を合わせて外敵を打ち負かす「生体防御機能」を果たすリンパ球をはじめとする免疫細胞群も、初乳に高濃度で含まれています。

まだ無菌の状態の赤ちゃんは、こうした初乳に含まれる有用な物質や細胞を体内に取り込むことで、自分を守ってくれる武器をひとそろえ用意することになります。この免疫力は、ほぼ6ヵ月間効果を保ち、その間に、赤ちゃんは、自分自身の免疫力を育てていきます。

僕も子供についてもっと勉強しなくてはと思う今日この頃です。
「赤ちゃん」の進化学―子供を病気にしない育児の科学
西原 克成
日本教文社 (2000/09)
売り上げランキング: 2,408
通常24時間以内に発送
- スポンサーリンク -