風邪でなくてインフルエンザだった・・・

今年はインフルエンザが猛威をふるっていて、会社でも多くの人がインフルエンザにかかっています。「風邪を引いて赤ちゃんお預け状態 (´Д⊂」で書いたとおり、僕も土曜日から熱があったのですが、昨日病院へ行ったら、インフルエンザ(B型)と診断されました・・・orz
 
こりゃぁ今週も赤ちゃんに会えそうにないです・・・ (´Д⊂
 
昨年度末にインフルエンザの予防接種を受けたので、インフルエンザにはかからないだろうと思っていましたが、ちょっと前に週刊マガジンのクニミツの政でもやっていたように、インフルエンザの予防接種は効果がないことを身をもって証明してしまいました。

- スポンサーリンク -


お気づきの方も多いと思いますが、学校で予防接種を受けていた僕らですが、現在学校で予防接種などは実施されていません。既に医学的に効かないことが証明されているとのです。僕らの常識では、予防接種が必要。と刷り込まれているため、ついつい知ってはいても予防接種を受けに行ってしまう訳ですが、ここらで知識を入れ替える必要がありそうです。
 

医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬
母里 啓子 浜 六郎 山本 英彦
ジャパンマシニスト社 (2004/10)
売り上げランキング: 6,812
通常24時間以内に発送
出版社/著者からの内容紹介 インフルエンザで病院へ行く前に
 
いよいよインフルエンザの季節。かぜ薬や解熱剤は飲んではいけない?特効薬(?)のタミフルに副作用が?そんな不安には『医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬』で、最新情報をゲット!家族を危険から守るために。昨シーズンのマスコミ記事検証付。
 
出版社からのコメント
インフルエンザが心配なあなた、以下のことを覚えて下さい。
  • ワクチンでインフルエンザは防げない 
  • インフルエンザワクチンは、打つほうが危険
  • 市販のカゼ薬はインフルエンザを長引かせる
  • 処方された解熱剤は脳症の大きな要因 
  • 特に子どもに解熱剤は危険 
  • 鳥インフルエンザ、今はまだ怖くない…
これはウソでしょうか?
実は、世界では常識です。
インターネットで検索すると、山のようなインフルエンザ情報がヒットします。そのほとんどが、「ワクチンを打ちましょう」という内容です。しかし、実は10年前に「インフルエンザワクチンは効かない」という理由で、学童への集団接種が中止されています。つまり医学的に証明された事実なのです。
 
この本でもうひとつのインフルエンザ情報を!
- スポンサーリンク -