Google AdSense 対策。単語に小細工を

ここ1週間ほどですが、「SEO 対策をやってみた。本当にアクセスアップするの?」の直後あたりから、「介護」の広告ばかりが目に付くようになりました。いつになっても収まる様子がないので、広告に表示されている単語の共通点をよく見てみると、「支援」という単語を含むモノが多いことに気が付きました。
 
そういえば、「転職支援」なんてタイトルの広告もでてるなぁ〜と。

- スポンサーリンク -



ここで、やっと理由が判明しました。SEO 対策で、「アフィリエイトを支援するサービス」やら「アフィリエイト支援サービス」なんて単語が強調されるようにタグを設定したため、「支援」が強烈に Google AdSense に効いているってことだったんですね。
 
広告単価的にもサイトのキャラというか目的にそぐわない広告がでても仕方がないし、「支援」なんて単語で検索サイトから飛んできた形跡も全くないので、「支援」とう単語を HTML エンティティ化して無意味な記号「支援」にしてやりました。
 
HTML エンティティ化すれば、見た目は同じでも検索エンジンからみれば無意味な記号になるので、今回は都合が良いというわけです。
 
単語を HTML エンティティ化するには、こんなサイトを使ったり、こんなソフトを使えばOKです。ちなみに、メールアドレスをエンティティ化して、spam 対策にするってのも常套手段だったりします。
 
05.05.14 追記
う〜ん・・・広告がなかなか変わりません・・・orz オマケに最近リンクユニットも表示されなくなったり・・・
 
ウチの場合、http://www.drk7.jp/MT/http://www.drk7.jp/MT/index.php で Apache の設定で、html → php の優先順位で表示するようにしていたのですが、どうも Google 側でキャッシュが切り替わらないというか、変なので、index.html を index.php へのリダイレクト html として新規作成して、強制的に index.php を表示するようにしたら、広告に思惑通りの変化が確認できました。「SEO関連」や「ネット関連」の広告になりました。
 
/ で /index.php を表示している場合で、どうも最近広告が変わらないなぁ〜って方は上記と同じ方法で上手くいくと思われます。

- スポンサーリンク -