google.co.jp と google.com で検索結果が大きく違う

Google更新で大規模な順位変動」の記事で書いた Update Bourbon 更新以降、google.co.jpgoogle.com で検索結果が大きく違う事象が発生しています。

google.co.jp と google.com で検索結果が違うのは何故? :: SEM R」によれば、

google.com は全ての言語/国/地域を対象にした検索サービスを提供します。一方、国別のドメインではその国ローカルなWebページ検索を提供しているのです。例えば google.co.jp で「日本語のページを検索」を選択した上で検索をすると、Google が日本のWebページと認識している情報からの検索結果を表示します。
〜中略〜
ということで、google.com と google.co.jp の検索結果が異なるのは、検索対象とするWebページ文書が異なるからです。検索対象とする範囲が異なるので、どちらの検索結果が正しい、というものはありません。
とあります。
- スポンサーリンク -

確かに今までは、この説明通りで納得のいく検索順序だった気がします。しかし、Update Bourbon 以降、 google.co.jp には新たな日本語解析を導入したかのごとく、ある意味以前より情報的に洗練されたページが検索結果として表示されている気がしてなりません。

google.com の検索結果を眺めていると、Update Bourbon 以前の検索結果に近い気がしますが気のせいでしょうか?

インデックスの更新日を見る限り、google.co.jp と google.com ともに最新の状態に更新されているので、明らかに google.co.jp には日本語に特化した独自の順位評価のアルゴリズムが搭載され、検索順位を評価していることが推測できます。現状のgoogle.co.jp の結果こそが日本語 Google での検索結果と見るならば、今後は SEO うんぬん言うよりもコンテンツの内容を充実させることがとっても大切なのかもしれません。

実際、当サイトのログ分析をしていくと、デジモノの News Clip 的な記事がことごとく順位定価していることが分かりました。(※ まじめに記事をかいているページも順位が下がっているので、これはまた別の理由と思われますが、今のところ謎です・・・)

google.jpggoogle2.jpgちなみに、Drk7.jp で最も多く検索されるキーワードとして「牛丼 レシピ」を例にとると、検索結果がかなり異なることがよく分かります。

google.co.jp の検索結果と比較して、google.com の方は Update Bourbon 以前の結果に非常に酷似している気がします。


気になるのは、「Update Bourbon、まだ終わらず :: SEM R」にあるよう、検索品質を改善するための更なる変更が来週にも加えられるそうです。また大激変の予感がします。
- スポンサーリンク -