Drk7.jp を lighttpd へ完全移行

lighttpd + FastCGI は mod_perl + Apache1.3 より1割ほど高速」で書いたとおり、最近知った lighttpd の高速性に心を引かれたので、pound + Apache1-mod_perl + Apache2 の構成から lighttpd へ一本化しました。

- スポンサーリンク -

 

lightpd への移行で躓いた点は、前エントリを参照頂くとして、それ以外で思わぬところで躓いたのは、「Amazon Search の backend を SpeedyCGI 化」の時に薄々気が付いてはいたのですが、FastCGI と Perl の iThread の相性の悪さという点です。結局、以前 Amazon Search の検索バックエンドを高速化のために iThread 化したのを取りやめて単純な Loop 形式に戻しました。

カテゴリを複数指定している場合に Loop 処理が入るので若干遅くなると予想していたのですが、lighttpd + FastCGI の高速性に助けられて、SpeedyCGI + iThread での動作とほぼ同じ速度が実現できました。フロント部分が体感でかなり高速化されたので、全体としても高速になっていると思います。

もう一つ、予想していた嬉しい利点ですが、メモリの使用量がかなり減りました。これによって、FastCGI のサーバプロセスを増やすことができるので、恐らく今までより多くのリクエストを処理できるようになると思います。

でも移行がとっても疲れた・・・。Amazon Search とかで結果が表示されなくなったとか不具合ありましたらこのエントリにご報告お願いします。

05.09.28 追記
mrtg で負荷状況をみると、かなりの負荷低減が確認できます。lighttpd 最高です!
la-week.png

- スポンサーリンク -