圧力鍋レシピ - 美味しい&栄養満点なけんちん汁の作り方

僕の好きな和食のひとつに、けんちん汁があります。材料がよく似ているので豚汁にするか結構迷います。冬はどちらを食べても体が温まるし栄養も満点でオススメの料理のひとつです。

ちなみに、けんちん汁と豚汁の具材量の違いは、「豆腐が絹か木綿か?」と「肉が豚肉か鶏肉か?」の違い程度。作り方はけんちん汁がゴマ油で具を炒めることが違うくらい。僕は肉は適当にある肉でやるので、豚肉の場合も結構あります。

- スポンサーリンク -

圧力鍋レシピ - 美味しい&栄養満点なけんちん汁の作り方

材料料(4人前)
木綿豆腐:1丁
ごぼう:1/2本
にんじん:1本
大根:10cm
里芋:5個こんにゃく:1/2枚
ネギ:1/2本

調味料
ゴマ油:大さじ2
鰹風末だし:小さじ2
昆布粉末だし:小さじ1
酒:大さじ3みりん:小さじ2
塩:小さじ1
醤油:大さじ1
水:700cc

DSCN5316.JPGDSCN5317.JPGDSCN5320.JPGDSCN5321.JPGDSCN5322.JPGDSCN5325.JPGDSCN5340.JPG

作り方(レシピ)

  1. まずは下ごしらえ。にんじん、大根、ごぼうを乱切りにします。ごぼうは本来の風味を逃さないために、水で洗うだけで皮をこそげないでOK。
    里芋は皮をむいて、塩水でぬめりを取って食べやすい大きさに切ります。ネギはブツ切りにします。
  2. こんにゃくを食べやすい大きさに切って、下茹でして灰汁を抜きます。すぐ使えるこんにゃくとかを使うと下茹でしなくて済むので楽です。
  3. 圧力鍋にゴマ油をいれて、鍋が温まったら肉と野菜を全て入れて炒めます。肉と野菜を炒めたら豆腐を入れて更に炒めます。
  4. 全てを炒めたら残りの調味料を全て入れて一煮立ちさせ、出てきた灰汁を取り除きます。
  5. 圧力鍋の蓋を閉めて低圧モードで5分加圧します。加圧後は急冷して蓋を開けたら完成!七味唐辛子を振りかけて頂くとより一層美味しいと思います!


ところで、けんちん汁も地方によって味も作り方も違うんでしょうか?このレシピは、僕の奥さんのレシピを参考に作っています。ってことは関東風ってことでしょうか?名古屋の実家で食べていたけんちん汁とは微妙に違う食べ物のような気がしてなりません。

けんちん汁や豚汁は子供も好きなようで、がっついて食べてくれます。けんちん汁は野菜本来の味を楽しむためにも、中国産の野菜ではなくって、地元産の土が付いた野菜を買って作ると美味しいと思います。

- スポンサーリンク -