圧力鍋レシピ - 中華風・魚の姿蒸しの作り方

今日は、一日遅れのひな祭りのお祝いを両親にして頂きました。昼ご飯にちらし寿司をご馳走になりました。夜ご飯は好物の鰻重をご馳走になりました。結婚したり子供ができたりすると、こういったイベントって多くなるもの。

う〜ん。毎度ごちそうさまです!

その代わりといっては何ですが、先日買い換えたプリンターのお古、Canon F930 をあげました。ついでにセットアップ。お古だけど、カラーで印刷できるってので結構喜んで貰えて嬉しい。

そんなこんなで、公私ともにイロイロと忙しくて平日はブログを書く暇も無かったりします。これ、結構ストレス溜まりますね。本日ご紹介するレシピは、前回エビチリを作ったときに同時に作った中華風・魚の姿蒸し料理です。

- スポンサーリンク -

この、中華風・魚の姿蒸し料理は昔からずーっと作りたかった料理のうちの一つなのですが、圧力鍋が手に入ったので、ようやく作ることができるようになったわけですが、如何せん、大きい魚は鍋が小さすぎて入りませんね。(^^ゞ

家庭で蒸し料理をするには、大きい魚は半分程度が限界ですね。もう半分は、煮付けや塩焼きに使うイメージで。

さて、レシピです。中華風・魚の姿蒸しの材料

材料(2人分)
魚(キンキ、メバル、カサゴ等):1匹
ネギ:1本分
酒、塩、胡椒:適量
生姜:厚切り3枚

調味料1
魚の蒸し汁:大さじ2
中華スープ:大さじ2
酒:大さじ1
砂糖:小さじ1.5
醤油:大さじ1.5

調味料2
サラダ油:大さじ1.5
ゴマ油:小さじ2

DSCN6030.JPGDSCN6031.JPGDSCN6034.JPGDSCN6082.JPGDSCN6088.JPG

作り方(レシピ)

  1. まずは魚の下ごしらえ。鱗と内臓を取って、水で良く洗って水気を拭き取ります。
  2. ネギの白い部分を細切りにして10分ほど水につけてシャキシャキにする。
  3. 魚の両面に酒、塩、胡椒をふりかけ、圧力鍋のカゴの上にクッキングペーパーを敷き、青ネギ、魚、生姜の順にのせます。
  4. 圧力鍋の底に水をいれて、低圧モードで6分加圧して蒸します。加圧後は自然放置します。
  5. 蒸し上がったら、魚だけお皿に移します。
  6. 次にタレを作ります。魚の蒸し汁を利用して調味料1をフライパンで煮詰め、蒸し上げた魚の上にかけます。
  7. 続いて、調味料2をフライパンに入れ、熱々になった油の上に細切りにしたネギを入れます。
    数秒経ったら、すぐに魚の上にかけて完成!

今回の、中華風・魚の姿蒸し料理は魚のお味が一番のポイントです。1,000 円くらい奮発してキンキ、メバル、カサゴのいずれかで作るのが良いと思います。それぞれ味が違うので、3回は楽しめます。

この料理、中華料理店で注文すれば、3,000 円くらいはしますが、自宅で作っても蒸し器(圧力鍋)さえあれば意外と簡単。自宅でも本格的な味が楽しめることを実感頂ければと思います。

- スポンサーリンク -