肉汁一杯で口当たりなめらかなハンバーグの作り方(レシピ)

久々にハンバーグが食べたくなりました。ハンバーグは僕より奥さんの方が上手に作ります。ですが、今回は更に美味しいハンバーグが食べたいので、「ケンタロウのフライパンひとつでうれしい一週間! 」に掲載されているレシピを参考に作ってもらうことにしました。

このレシピで珍しいのは、ハンバーグを焼き上げるのに、オーブンを使わずお湯で蒸し焼きにする点です。正直、お湯で蒸し焼きにするなんて聞いたことがなかったので、本当に大丈夫かぁ〜??ってな感じで見ていたのですが、見た目はオーブンで焼いたときより綺麗になりませんが、中までしっかりと火が通って、とってもなめらかな舌触りの美味しいハンバーグができてビックリしました。

DSCN6304.JPG

- スポンサーリンク -

さて、では早速レシピです。今回はちょっと時間がかかるので、休日にでもお楽しみ下さい。

肉汁一杯で口当たりなめらかなハンバーグの材料

材料(4人分)
牛+豚挽肉(割合は7:3):450g
玉ねぎ(小):1個
卵:1個
牛乳:50cc
パン粉:1カップ

調味料
塩:小さじ1/2
胡椒:少々
ナツメグ:少々
サラダ油:大さじ2

調味料(ソース用)
水:150cc
ケチャップ:大さじ1
カゴメ食塩無添加野菜ジュース:大さじ2
ウスターソース:大さじ2醤油:小さじ1
酒:大さじ1
バター:大さじ1

DSCN6254.JPGDSCN6258.JPGDSCN6266.JPGDSCN6269.JPGDSCN6271.JPG

DSCN6274.JPGDSCN6276.JPGDSCN6278.JPGDSCN6279.JPGDSCN6288.JPG
DSCN6290.JPGDSCN6291.JPGDSCN6293.JPGDSCN6294.JPGDSCN6295.JPG

作り方(レシピ)

  1. まずは下準備。玉ねぎを微塵切りにして、フライパンを熱してサラダ油(大さじ1)で玉ねぎを軽く炒める。しんなりしたら取り出して、常温になるまで冷ましておく。
  2. 冷ましている間に、パン粉、卵、牛乳を混ぜ合わせて馴染ませておく。
  3. ボウルに挽肉、塩、胡椒、ナツメグを入れて2〜3分ほど良くこねる。その後、玉ねぎとパン粉を混ぜて更に5分ほど良くこねる。良くこねることで肉汁の流出が防げます。
  4. 手にサラダ油をつけて、4等分でハンバーグの形を整えます。両手で軽くキャッチボールをしながら中の空気を抜きます。肉の厚みは2cm 程で。
  5. フライパンを熱して、サラダ油(大さじ1)で真ん中をへこませたハンバーグを並べて中火で両面をこんがりと焼く。ひっくり返すのは1回だけ。
  6. 両面が焼けたらお湯をハンバーグの厚み1/2くらいまで注ぎ、蓋をして中火で蒸し焼きにする。水が少なくなってきたら、蓋を開けて竹串を刺してみて、血や濁った汁が出なければ蒸しは終了。
  7. 蓋を開け、強火で完全に水分をとばし、両面をカリッっとするように焼いて仕上げる。
  8. 完成したハンバーグを皿に取り出しておき、そのままフライパンにソースの材料をいれてトロトロになるまで煮詰めたら、ハンバーグを加えて、ソースを良く絡ませて完成!

このハンバーグ、ソースがかなり美味しいです。ここでも登場するカゴメ食塩無添加野菜ジュースケースですが、料理として使うのにかなり便利な野菜ジュースです。

さて最後にアレなんですが、オーブンで焼き上げるハンバーグとどちらが好きか?と言われたらちょっと悩みます。オーブンで完璧に焼き上げた方が肉汁がジュワァ〜っと出てきます。でもソースはこのレシピの方が確実に美味しいと思います。

ってことで、蒸し上げる工程をオーブンで焼き上げるってのに変更しても良いと思います。うちも今度そっちで作ってみます。

- スポンサーリンク -