簡単だけど本格的な味になるブイヤベースもどきの作り方

たまには洋風の料理を作ってよ。と奥様に言われた・・・ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/

乳製品を使った系統の料理を美味しいと感じない僕にとっては洋食は結構難しいんです。食べていないからレシピも思い浮かばない。ってわけで、このブログのレシピも洋食が極端に少ないわけですが、そんな洋食でもハンバーグやブイヤベースやビーフシチューといった肉や魚介系の料理は大好きです。

そこで、今回はブイヤベースを久々に!と思ったわけですが、本格的にブイヤベースを作ろうとするとコレが結構面倒でお金もかかります。特に、サフランが高すぎて納得いかないですよね。

で、今回ご紹介するのは簡易版のブイヤベースもどきです。圧力鍋使います。

- スポンサーリンク -

簡単だけど本格的な味になるブイヤベースもどきの材料

材料(2人分)
生の真だら:3〜4切れ
あさり:1パック
ジャガイモ:3個
玉ねぎ:1個
しめじ:1パック

調味料
にんにく微塵切り:2片
オリーブ油:大さじ2
カゴメ野菜ジュース食塩無添加:1缶(160gのやつ)

水:300cc
日本酒:大さじ2
コンソメの素:1個
塩:小さじ1/2
胡椒:少々
ローリエ:2枚

DSCN6210.JPGDSCN6218.JPGDSCN6222.JPGDSCN6224.JPG DSCN6225.JPGDSCN6226.JPGDSCN6227.JPGDSCN6229.JPG

作り方(レシピ)

  1. まず初めにあさりの砂抜き。ボールに小さじ2の塩を入れて暗いところで2時間ほど放置しておきます。砂抜きをしたら冷水で貝側同士をこすり合わせて良く洗います。
  2. ジャガイモの皮を剥き、大きめに4等分程度に切ります。玉ねぎは1cm程度の微塵切り。にんにくは細かい微塵切りにしておきます。
  3. 圧力鍋にオリーブ油を熱し、にんにく、玉ねぎを焦がさないようによく炒めます。玉ねぎが透明になってにんにくの香りが出たらOK。
  4. 残りの調味料を全て鍋に入れて煮立てます。グツグツ煮えるまでの間にでてくる灰汁を取り除いてください。沸騰後に蓋を閉めて低圧で3分加圧します。
  5. 加圧後、10分間自然放置して蒸らします。蒸らし後に、あさりを加えて3分煮込みます。あさりを加えたら、かき混ぜるのは止めましょう。貝殻がかけてジャリジャリします。
  6. 最後に味見をして、塩、胡椒で味を調えて完成です!

DSCN6234.JPG

本格的なブイヤベースと違い、白ワインやサフランを入れてませんし、トマトも使っていませんが、カゴメ野菜ジュース食塩無添加、恐るべしです。かなり良い味がでます。もともとこの野菜ジュースには、「トマト、セロリ、にんじん、ビート、パセリ、レタス、キャベツ、ほうれん草、クレソン、にんにく」が入っていつので、ブイヤベースのアクセント必要な野菜が全てそろっています。何より原価が安い!

より本格的に近づけたい場合は、ジャガイモをやめて、白ワイン、殻付きのエビを加え、あさりをムール貝に変更すればOKですが、このレシピでもかなり美味しく頂けること間違いなしなので、是非おためし下さい。(≧∇≦)b

僕的には手間がかからないこの作り方で十分。ジャガイモもボリュームがあってお腹がふくれるのでお気に入りです。

- スポンサーリンク -