美味しい中華丼(醤油味ベース)の作り方(簡易版)

今週は連続でレシピをもう一つご紹介。今日作ったのは中華丼。名古屋では中華飯とよぶ。どこから中華丼が中華飯と呼び方が変わるか知らないけど、関東では中華丼とよぶらしい・・・。

そんなことはどうでも良くて、会社の近くにある萬里っていう中華料理店なんですが、ここの中華丼がめちゃくちゃ旨いんです。醤油+オイスターソースの何とも良い香りがする中華丼です。僕の中では中華丼ランキングで1位のお店。

そんな中華丼に少しでも似せるべく挑戦してみました。とは言っても、本格的に海鮮(イカやエビ)を仕込もうとすると、結構面倒。なので、取りあえず簡易版と言うことで味の方向性を確かめてみました。材料は余り物でつくりました。
※さらに美味しくなった 美味しい中華丼(醤油味ベース)の材料(改良版) はこちらをどうぞ。

- スポンサーリンク -

美味しい中華丼(醤油味ベース)の材料(簡易版)

材料(2人分)
青梗菜:1房
人参:1/4本
タケノコ(水煮):人参と同量
玉ねぎ:半分
豚バラ肉:100g冷凍海鮮ミックス(イカ、エビ、ホタテ):ひとつかみ程度※本当は、青梗菜→白菜
モンゴイカ+絹さや+椎茸+キクラゲ アタリが欲しいところ。

調味料
中華スープ:350cc
醤油:大さじ2
オイスターソース:小さじ1.5
日本酒:大さじ1
砂糖:小さじ1.5

片栗粉:大さじ1.5

調味料(豚肉下味用)
紹興酒:大さじ1
塩、胡椒:少々
サラダ油:大さじ1
醤油:小さじ1

DSCN6327.JPGDSCN6330.JPGDSCN6331.JPGDSCN6334.JPGDSCN6336.JPG DSCN6337.JPGDSCN6338.JPGDSCN6339.JPGDSCN6342.JPGDSCN6346.JPG

作り方(レシピ)

  1. 簡易レシピ版なので、海鮮類は冷凍物を使うため、下処理は不要。豚肉は、下味調味料でしっかりもみほぐしておく。冷凍海鮮ミックスは水で戻しておく。
  2. サラダ油を大さじ1で豚肉→海鮮の順序で6割程度まで強火で炒める。炒めたら別皿によけておく。
  3. そのまま続いてフライパンにサラダ油大さじ1を足して強火で野菜を炒める。こちらも焼き目が付いた時点でOK
  4. 肉と海鮮をフライパンに戻し、全体を馴染ませたら中華スープと調味料を入れて強火でグツグツ煮る。
  5. グツグツしてきたら弱火にして水溶き片栗をダマにならないように手早く混ぜる。(片栗をお玉に入れてぐるーっと混ぜるとうまくいきます)
  6. ひと煮立ちしたら完成!お好みでゴマ油をどうぞ(小さじ1くらい)。

DSCN6348.JPG

今回は、子供の分に中華あんを随分ととられたので、ご飯にもっとかけたい感じの写真になってしまいましたが、目指していた味に似たものができました。萬里の中華丼はもっと香しい香りがするので、何か調味料が足りていない?違う?と思われます。油に秘密ありと睨んでるんですが・・・ラード使ってるのかなぁ・・・

まぁ、この程度なら15分程度で簡単にできるので日常作るレベルなら良しとしましょう!
ちなみに、中華丼や天津飯には塩味ベースのものもあります。あっちはスープをちゃんとしないと良い味にならないので、僕は作りません。食べたいときには、東京駅地下のミンミン(眠眠)八重洲南口店に行きます。(≧∇≦)b

- スポンサーリンク -