バジルたっぷりジェノベーゼパスタの作り方

友達からバジルを頂いてからちょっとバジルを使った料理にはまってます。ってことで、今回は珍しくイタリアンな料理を。

パスタを食べに行くとしてもチーズがダメな僕は和風ソースのパスタかオニオンソースのパスタしか選択肢がありません。たま〜にしか食べに行かないパスタですが、その中でもまぁ美味しいなぁ〜と感じるパスタの1つがジェノベーゼパスタ。バジルペーストで緑色に染まる麺とバジルの香りがなんとも食欲をそそります。

ってことで、作ってみました。ミキサーやフードプロセッサーがあれば簡単にできます。ないとバジルペースト(ジェノベーゼペースト)を作るのが超メンドウです。

PICT0355.JPG

- スポンサーリンク -

バジルたっぷりジェノベーゼパスタの材料(2人前)

ジェノベーゼペースト具材
バジル:20〜30枚
にんにく:1欠片
松の実:10g
エキストラバージンオイル:70cc
塩・胡椒:小さじ1/2

パスタ材料
パスタ:250g程度
トマト:1個
シーチキン:1缶

PICT0329.JPGPICT0330.JPGPICT0332.JPGPICT0333.JPGPICT0338.JPG
PICT0342.JPGPICT0345.JPGPICT0348.JPGPICT0349.JPGPICT0352.JPG

作り方(レシピ)

  1. まずはジェノベーゼペースト(バジルペースト)を作ります。水で洗ったバジルをキッチンペーパーで水気を取ります。
  2. 次に、松の実をフライパンで香りが出る程度に軽く弱火で炒めます。炒め終えたら十分冷まします。
  3. ミキサーやフードプロセッサーにバジル、にんにく、松の実を入れて粗めにすり潰します。ミキサー等が無い場合は、まな板の上で包丁で細かく切り刻みます。
  4. エキストラバージンオイル、塩、胡椒をそれぞれ小さじ1/2程度加えて細かくなるまでミキサーをかけます。無い場合はまな板の上で気合いで包丁で細かく切り刻んですり潰します。
  5. これでジェノベーゼペーストは完成。
  6. 次にパスタを普通に茹でます。茹で上がり30秒前に、ジェノベーゼペーストをフライパンに移し、中火で炒めます。
  7. 茹で上がったパスタをフライパンに入れて、ジェノベーゼペーストと良く絡めたらお皿に盛ります。
  8. 細かく刻んだトマトとシーチキンをのせたら完成!ぐちゃぐちゃに混ぜて召し上がって下さい。

今回は、バジルの葉が20枚程度とちょっと少なかったのでジェノベーゼペーストが不足気味でした。30枚程度のバジルの葉で作れば、もっと緑色の綺麗なジェノベーゼペーストができると思います。

レシピの写真では伝わってないのですが、実はうちのハンドミキサーは安物でして旨くペーストが作れませんでした。ってことでまな板の上で包丁で一生懸命ちまちまとペーストになるまで切り刻んだりしてました。(笑

PICT0336.JPG

そんな苦労も報われ、洋食をあまり作らない僕的には珍しく成功した方でして、外で食べるような味が楽しめました。

- スポンサーリンク -