奄美大島、最高です!自然がとっても綺麗でした!(その3)

奄美大島旅行の感想その3です。これが最後です。この日記がきっと後の自分の思い出となると思いつつ書いてます。

綺麗な朝日を見ました

晴れた日の朝日がキレイです。海から登ってくるってのは実は見るのが難しいんです。海と空の狭間に雲で太陽がかすむので、ちょっと登った状態で太陽がひょっこり出てくる感じです。

子供が目を覚ますので、朝はいつもと変わらず6:00起きでしたが、その分いいものが見れました。

PICT0357.jpgPICT0371.jpg

- スポンサーリンク -

大荒れの海を見ました

なんだかんだ行って、海水浴に行った日以外は海が比較的荒れ模様でした。特に波が強かった時に港にいって波のすごさを体感してきました。防波堤を5mほど超える巨大な水しぶきが立ち上ってました。人がいたら100%流されて死んでることでしょう。

海って怖い!

PICT0320.jpgPICT0386.jpg

空港でお土産を物色しました

職場や友達や実家のためにお土産を買いに行きました。いろいろ回ったんですが、空輸のことや品揃えを考えて空港で買うことにしました。ハブが入ったハブ酒っての、結構おみやげ屋さんならどこでも売ってますね。値段はめちゃ高いけど。

ハブが入ってないヤツは、ハブ入りの二番煎じみたいなものか。。。ハブ入りの方は酒をつぎ足せば、3回くらい楽しめるとのことです。どんな味がするんでしょう??

その他、島おこしのカレーと鶏飯セットもよく見かけます。自分の家にも買っておけば良かったなぁ〜とちょっと後悔。七宝時代の友達へは、今度あったときに直接渡そうと思うんで待ってて下さいな。※1年くらいは賞味期限あるので大丈夫っしょ。

PICT0400.jpgPICT0401.jpgPICT0402.jpg

原ハブ屋奄美へ行って本物のハブを見た

ココも有名どころらしいです。ハブと愛まショーってベタなネーミングのショーです。ここの原さんっていうおっちゃんが有名らしくて、笑いありの楽しいハブショーが見れます。ハブショーっていってもマングースとの戦いが見れるわけではなく、奄美大島の生態系について学ぶって言うコンセプトの見せ物です。

なにげに、サイトやネットショップなんかも開いてたりして、ちゃっかりしてるじゃん!って思ってしまいました。しかもちゃっかり SEO 意識したタイトルの漬け方とかしてるし。。。

 サイト:(有)原ハブ屋奄美●手作りハブ製品●ハブ革・骨ストラップ●ハブ粉末・ハブ油●
 ショップ:原ハブ屋奄美NETSHOP★ハブ粉末・油★ハブ革・骨ストラップ★ハンドメイドハブアクセサリー★奄美大島産本蛇革

ちなみに、サイトの情報ですが実際にはハブに遭遇する確率は極めて低いみたいです。

ハブとあなたの出会いのショーと銘打っているのは、本当の自然に近い状態のハブを見ていただくためです。奄美空港を、奄美の港を降りるとそこには毒蛇のハブがうようよいて非常に危ないところだ。などと、とても常識では考えられない事が半ば冗談めかして、しかも当たり前のごとく語られていますが、そのようなことは絶対にありません。ハブは現在奄美大島に10万匹いると言われていますが、島民でさえ自然のハブを見た人は30%ぐらいしかいません。そんなに自然のハブに出くわすことはないのです。確かにハブの毒は危険極まりないものですが、この毒は餌を溶かすための消化酵素の一部であって、人を襲うためのものではありません。ハブがもっているテリトリーの中へ踏み込むから攻撃をしてくるのです。農作業や林業では特に注意が必要ですが、観光で来た方が自然のハブに出くわす可能性は0.1%弱です。
PICT0427.jpgPICT0430.jpgPICT0439.jpg PICT0448.jpgPICT0449.jpgPICT0451.jpg

鶏飯発症の店で本場の鶏飯を食べました

元祖鶏飯のお店「みなとや」で鶏飯を食べました。姉さん、わざわざ仕事を抜けて昼飯一緒してくれてありがとう!みなとやについて検索してみたら、「元祖鶏飯極上地鶏へのこだわり!みなとや」ってのが見つかりました。そこの情報によると、

鶏飯は、奄美では藩政時代の薩摩の役人をもてなした料理として、古くから伝わる伝統的な島の味です。伝説からは、鶏飯が生まれたのは 4 百年近くもさかのぼるとも!! 昭和 43 年 4 月に当時の皇太子殿下と美智子妃殿下が来島されたおり、鶏飯料理をご賞味され、しかもおかわりされたこともあって、鶏飯は一躍奄美の郷土料理として内外に広まりました。

とのことです。このサイトではみなとやの鶏飯のネットショップもやってるので、元祖鶏飯を食してみたい方は、頼んでみるのも良いと思います。このみなとや、ご飯のおかわりは自由なので、スープと具を加減しながら自分が食べれるだけご飯を頼むと良いと思います。スープはちょっと塩味が濃いかなぁ〜と感じましたが、かなりおいしかったですね。コレ最強。

3杯目を食べようとして、腹15分目くらいになって吐きそうになったのは僕です・・・(´Д⊂ モウダメポ

PICT0484.jpgPICT0488.jpgPICT0490.jpg

PICT0494.jpg

奄美大島さようなら

奄美大島にも浦島太郎伝説があるらしいです。空港にしっかりと浦島太郎とカメの像がありました。楽しかった休日はあっというまに終わってしまいました。子供がもう少し大きくなったら(飛行機でぶずらなくなったら)、また来たいと思います。

次は、マングローブのカヌーとか体験してみたいです。いろいろとお世話してくれた姉夫妻一家に感謝感謝。ありがとう!

PICT0513.jpg

番外編

実は、羽田ー大宮間にリムジンバスが運行しているのを知らなかった。で、羽田着が21時くらいなので、どうやって帰ろうって事になって、心配なのでホテルを予約しておいたんですが、帰り際にリムジンバスがあるー!

Σ(゚Д゚;エーッ!

ってな事になりました。 浜松町付近にあるスバパークホテルってところに宿泊しました。なかなか良かったけど、次からはリムジンで帰るどー!

PICT0522.jpgPICT0523.jpgPICT0524.jpg


おしまい。

- スポンサーリンク -