Windows Vista SP1 は主要5カ国言語パック以外が入っているとインストールできない

会社の検証用 Windows Vista マシンも自宅のマシン同様に Service Pack 1 を適用させようとしたのですが、どうにも Windows Update に SP1 が表示されません。原因がよくわからなかったので、

ダウンロードの詳細 : Windows Vista Service Pack 1 (5 言語用スタンドアロン版) (KB936330)

に直接行って SP1 をダウンロードしてきてインストールを試みたが、あえなく失敗・・・orz

wimg01.jpg

よくよくサイトを見てみたら「5 言語用スタンドアロン版」と記述されているわけで、現在 SP1 は 「日本語、英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語」 の五カ国言語にしか対応していないようです。どうやら、過去にやたらめったら多言語パックを適用してしまったのが悪かった模様。というわけで SP1 を適用するには不要な言語パックをアンインストールする必要があります。この言語パックのアンインストールの仕方がわからなくて30分ほど悩みました。

- スポンサーリンク -

言語パックのアンインストール方法

  1. 「スタートメニュー」 → 「設定」 → 「コントロール パネル」 → 「時計、言語、および地域」 で 「地域と言語のオプション」を開きます。
  2. 「キーボードと言語」 タブを開きます。
  3. 「言語のインストールまたはアンインストール」をクリックして言語を削除します。

wimg04.jpg

さて言語パックが表示されたら削除したい言語をチェックして削除。ってかウクライナ語なんて使わんだろっ!って自己突っ込み。

wimg05.jpg

と行きたいところですが、複数言語をチェックできるにもかかわらず、どうも1言語ずつしか削除はできないようです。しかも削除するたびに再起動がかかります。メンドクセー!!

wimg07.jpg


いやぁ〜そんなこんなで、適当にインストールしてしまった不要な言語パックをアンインストールしてやっとこさ SP1 のセットアップが進むようになりました。いやぁ〜よかった。

wimg08.jpg

でも SP1 あてても特段快適さが増したわけでもないところが微妙〜〜〜やっぱりどう考えても XP の方が使いやすい訳なんだが・・・

- スポンサーリンク -