奥さんの簡単レシピ - チキンとじゃがいものオーブン焼き

この時期、眠い日が続きます。さて、今日ご紹介するのは、久々の奥さんの簡単レシピです。

チキンとじゃがいものオーブン焼き

こいつは、ママ友が集まるイベントの時に作る料理です。ママ友が集まる=子供が集まることを意味するので、料理に専念しなくてはならない料理はNGなわけなんですね。この料理は下ごしらえを朝しておけば後は待つだけって料理です。

しかも、できたてのアツアツホクホクを食べるとかなり美味しいです。今となっては若干季節的に遅くなってしまいましたが、本当は新じゃがを使うとさらに美味しかったりします。この料理の元ネタは 「だれか来る日のメニュー」 でして調味料をアレンジしています。

PICT0060.jpg

味を優先するなら手羽先を。ボリュームを優先するなら手羽元がオススメです。まぁどっちも使って作ってもいいんですけどね。名古屋圏出身の僕的には断然、手羽先派ですが、でてくるのは手羽元のパターンが多いです。はい。

- スポンサーリンク -

奥さんの簡単レシピ - チキンとじゃがいものオーブン焼き

材料
鶏手羽先(または手羽元): 10本〜15本
じゃがいも: 6個程 ※メークインより男爵いもがよい。

調味料(肉下味用)
エクストラバージン・オリーブオイル: 大さじ2
にんにく摺り下ろし: 半欠分(小さじ1/4程度)
岩塩: 小さじ1/2 ※肉料理には是非岩塩系を使いましょう!魚料理は海塩系で!
レモン絞り汁: レモン半分
煮詰めたバルサミコ酢: 大さじ2

調味料(じゃがいも下味用)
エクストラバージン・オリーブオイル: 大さじ2
にんにく摺り下ろし: 半欠分(小さじ1/4程度)
岩塩: 小さじ1/2

作り方(レシピ)

  1. 肉の下処理。肉を流水で洗ってから水気をしっかりとり、肉下味用の調味料でよく揉んで1時間ほど冷蔵庫でねかす。
  2. 同様にじゃがいもも水で洗って水気をとり、皮付きのまま食べやすい大きさに切ったら、下味用調味料で揉んで冷蔵庫でねかす。※調味料をつける前に、ラップで包んで電子レンジで少し蒸かしておくのも良い。蒸かしすぎると歯ごたえが楽しめなくなるので注意。

    ・・・ここまでが事前準備です。朝時間があるときに仕込んでおく・・・

  3. クッキングシートの上に肉とじゃがいもを並べたら、220℃に温めておいたオーブンで30分程焼く。
  4. こんがり焼き上がっていたら完成!


ちなみに、調味料にカレー粉を混ぜてカレー風味にしても美味しいです。大人向けならドライローズマリーも調味料に加えて香りを付けると、さらに美味しいと思います。うちの子供はローズマリー使うと食べてくれないので使いませんけど、僕はローズマリー使った方が好きです。

基本的にオーブンで焼いて待ってるだけなので、忙しいときにこそ使える料理だとのことです。


だれか来る日のメニュー
行正 り香
文化出版局
売り上げランキング: 4935
おすすめ度の平均: 4.5
5 一粒で何度も美味しい本
5 今まで買ったかなりの量のレシピ本の中で、いちばんよく作っている本です!
- スポンサーリンク -