海老とイカのジェノベーゼパスタの作り方

プランターで作っているベランダ家庭菜園のバジルが2週間に一度くらいの割合で収穫できます。プランターでの野菜作り、結構いいもんですね。次はプチトマトでも作ろうかと思っています。この週末もばっちりバジルが収穫できました。沢山収穫できたので松の実を買ってきてジェノベーゼを作りました。ジェノベーゼの作り方はこちらを参考にしてください

松の実を買い出しに行ったときに目に入った食材がスルメイカ。この時期とっても安いです。1杯80円でした。と言うわけでスルメイカと海老をパスタの具材にすることにしました。ちょうどイカの裁き方を教えて欲しいと奥さんに言われていたのでちょうど良いってもんです。

子供に邪魔をされつつも、あっという間にパスタ完成です!スルメイカが安いのに激ウマです。

PICT0080.JPG

パスタのウデがメキメキと上達してきました。塩加減とゆで加減と油の量で味が激変しますね。この料理。

- スポンサーリンク -

海老とイカのジェノベーゼパスタの作り方

材料
お好みのパスタ: 300g ※ウチはディ・チェコの1.6mmを愛用してます。
スルメイカ: 2杯分 ※今回ゲソは使わず腹身だけ
冷凍海老(Lサイズ): 10匹

調味料
ジェノベーゼペースト: 小さじ2
白ワイン: 大さじ2
塩、粗挽き胡椒: 少々
鷹の爪: 1個
にんにくの輪切り: 一片 ※芯はとっておく
パルメザンチーズ: お好みで ※僕は絶対に使わないけど、子供と奥さんが使います。

作り方レシピ)

  1. まずは鍋満杯のお湯を沸かします。大体2Lくらいに対して塩は大さじ2くらいいれます。なめるとショッパイと感じるくらいの味付けでないとパスタは美味しく仕上がりません。
  2. その間にスルメイカの下ごしらえ。腸を出して流水で良く洗う。時間があれば皮も剥いでおく。皮も食べたければそのままでどうぞ。最後に食べやすいサイズに輪切りにする。
  3. スルメイカと冷凍海老を沸騰したお湯でさっとボイルする。ボイルしすぎるとイカが硬く縮みます。ボイルしたら、塩、粗挽き胡椒をしておく。
  4. パスタを7分茹でます。パッケージの記載から−1分です。
  5. 残り3分になったらオリーブオイル大さじ2で鷹の爪とにんにくを弱火〜中火で炒めます。にんにくはカリッとしたら取り出して捨てます。鷹の爪も黒ずみ前に捨てます。
  6. 香り付けしたオリーブオイルでそのままイカと海老を中火で炒めます。30秒ほど炒めたら白ワインを入れてアルコールを飛ばします。
  7. ちょうど麺が茹で上がる頃のはずです。麺をフライパンに移してゆで汁をお玉1杯〜2杯分いれてさっとかき混ぜます。
  8. 最後にジェノベーゼペーストを入れて、これまたささっとかき混ぜれば完成!

たまに感じることですが、改めてレシピとして書いてみると結構面倒くさく感じてしまいますが、実際は10分でできあがります。むしろスルメイカの下処理の方が時間がかかってます。今回できあがったパスタは久々のヒット作でして、相当旨かったです。いつもパスタは残しがちな子供も完食してくれて嬉しかったです。

ところで、料理に使うお皿って重要です。お皿をお店のようにオシャレなものにするだけで、写真上では随分とおいしく感じるモノです。というわけで、近々奥さんがおニューの食器を買い出しに行ってくれるはずです。いい加減、このお皿に盛りつけた料理を写真に納めるのも飽きてきたなぁ〜と思う次第です。

- スポンサーリンク -