意外に参考になった - 書評 - NHK ためしてガッテン暮らしのマル得アップ術

先週末に図書館で借りた本の1つに、 ためしてガッテン 暮らし(得)アップ術ってのがありました。号bう゛ぁんぐみをテレビでほとんど見た経験がないのですが、料理本の棚に並べられていたのでものは試しに借りてみました。

まずは本書席の冒頭から

「ためしてガッテン」は、制作する側にとっては、ものすご〜く難しい番組です。なぜならば、「ガッテン!ガッテン!」していただかなきゃいけないから。「ふ〜ん」とか「へえへえ〜」ネタなら、取材すればわりに見つかるものですが、「ええ〜っ!?そういうことだったんだー。なあるほど〜!」と深〜く思ってしまう情報、すなわち「常識が変わるような新事実」を科学的に解明し、確かな根拠とともに示さなければ、「ガッテン!ガッテン!」にはなりません。でも、みなさんが何十年も活きてきた中で身につけてきた常識がひっくり返っちゃうだなんて、そうそうあるもんじゃぁない。だからこそ難しいのです。

なるほどぉ〜どこぞの番組みたくインチキ事実をでっちあげてはいないとな。

NHKためしてガッテン 生活常識の大逆転 暮らしのマル得アップ術
北折一
家の光協会
売り上げランキング: 191066

本書は、「おいしく食べたい!料理常識の大逆転」と「いつも元気に!健康常識の大逆転」と「暮らしの常識の大逆転」の3章から構成されています。個人的興味もあって、料理常識の章が楽しく読めました。知ってる新常識も結構ありますけどね。

- スポンサーリンク -

取りあえず借り物なので、自分が知らなかった新事実で興味のある新事実のみメモメモ。詳細を知りたい方は是非このシリーズを読んでみてはいかがでしょうか?僕も図書館でこのシリーズを借りまくります。

旧常識: 塩は高価なものの方がおいしい
→高級塩の美味しさの秘密は決勝の粒の大きさにある。高級塩のおいしさは溶けてしまうと感じにくい。

旧常識: 豚肉にはしっかり火を通す
→豚肉の加熱は、牛肉と同じでも大丈夫。寄生虫情報は昔のとある事実。

旧常識: カレイの煮付けは味がよくしみるように煮込む
→カレイの煮付けは煮付けずに煮汁をつけて食べればよい(これは知っていた)。
→煮付けの時間は7分が最適。(自分のレシピは10分としてたけど、それでも煮すぎだった事実)。

旧常識: にんじんの皮はむいて調理する
→皮だと思って捨てていたところに栄養がたっぷりある。売られている状態で薄皮はとられている状態。

旧常識: はくさいの葉は外側から使う
→はくさいの葉は内側から順に食べると旨みアップ。

旧常識: おでんはよく煮込むほど味がしみ込む→おでんは短時間の加熱でOK。ゆっくり冷ませば、味がしみこむ。

旧常識: 卵焼きは良くかき混ぜて、弱火で焼く
→卵は白身を切る程度に軽く混ぜ強火で焼くとふっくらふわふわに仕上がる。

旧常識: たけのこをおいしく食べるには米ぬかでアク抜きをする
→アク抜きはアク止めにすぎない。えぐみの少ないタケノコ選びが重要。と言うことは、ある意味スーパーで売られている時点で選定NGだわな。
 
旧常識: とうもろこしはやわらかくなるまでしっかりゆでる
→とうもろこしは水から茹でると超ジューシーに仕上がる。お湯でゆでないところに秘密あり。

旧常識: 男爵いもは煮くずれしやすくメークインは煮くずれしにくい
→塩水に沈めば煮くずれしやすく、浮かべば煮くずれしにくい。デンプンの量が関係している事実。

旧常識: 使い古した油は体に良くない
→家庭で使い古した油は捨てなくても、その後も十分に利用できる。油の酸化が健康上よくない事実は間違い。


なかなか楽しめました。今後借りる予定の「ためしてガッテン」シリーズはこんな感じ。

「基本」いらずのおいしい鉄則―こんやの料理から始めよう! (AC mook―NHKためしてガッテン)
NHK科学・環境番組部 季刊「NHKためしてガッテン」編集班
アスコム
売り上げランキング: 13192
NHKためしてガッテン定番の裏ワザ「和食」 (AC mook)
NHK科学・環境番組部
アスコム
売り上げランキング: 192770
NHKためしてガッテン定番の裏ワザ「洋食&イタリアン」 (AC mook)
NHK科学・環境番組部
アスコム
売り上げランキング: 211745
NHKためしてガッテン定番の裏ワザ「中国料理&エスニック」 (AC mook)
NHK科学・環境番組部
アスコム
売り上げランキング: 223829
- スポンサーリンク -