簡単レシピ - ピーマンとウィンナーのペペロンチーノの作り方

パスタの腕がメキメキと上達してきている今日この頃です。以前はペペロンチーノを作っても全然美味しくなかったのですが、この前作ってみたら激旨でビックリ。このブログでも何度も書いてきたと思いますが、ようはパスタを茹でる塩加減次第でパスタの味は大きく変わると言うことです。

旨く茹で上がれば、にんにくと鷹の爪だけの超シンプルなペペロンチーノですら旨いです。

ただ今回はピーマンとウィンナーが冷蔵庫にあったので加えてみました。さらに、冷蔵庫の中には頂き物の高級な干しエビがあったので、それも香り付けとして加えてみました。

PICT0263.jpg

この海老がまた、オリーブオイルで炒めると名古屋名物の坂角のえびせんべいみたいな味がして美味しかったです。

- スポンサーリンク -

簡単レシピ - ピーマンとウィンナーのペペロンチーノの作り方(3人前レシピ)

材料
お好みのパスタ: 300g ※ウチはディ・チェコの1.6mmを愛用してます。
ピーマン: 2個
ウィンナー: 3〜4本程度
干しエビ: 海老の香りを楽しみたい場合は是非。普通にペペロンチーノならなくても問題なし。

調味料
鷹の爪: 2個
潰したにんにく: 一片
ゆで汁: お玉一杯分
オリーブオイル: 大さじ4

作り方レシピ

  1. 鍋満杯のお湯を予め沸かしておきます。塩分濃度は大体1%強(水1.5リットルに対して塩を大さじ1)のお湯でパスタを7分半茹でます。おおよそパッケージの記載から -30 秒です。
  2. 潰したにんにくをオリーブオイルでやや中火で炒めます。きつね色になってきたら火を止めて唐辛子を加えて炒めます。黒くなる前ににんにくと唐辛子をとりだす。
  3. ピーマン、ウィンナー、干しエビ(あれば)を加えて中火でサッと炒めたらごくごく弱火にします。
  4. ゆで汁をお玉1杯分を少しずつ加えてオイルを乳化(白っぽくとろりとした感じ)させます。
  5. 茹で上がったパスタを加えて一混ぜします。仕上げにエクストラバージンオイルをサッとかけて完成!

この程度のペペロンチーノなら全部で15分程度あれば料理完成です。短時間で旨い。正直外でペペロンチーノを注文する意味はないとまで僕は思ってます。ちなみにパスタの腕がぐぐっと上がったのは落ち合いシェフのレシピ本を読んで基本の基本をしっかりと勉強したのが大きいと思います。

下記のレシピ本の P38-39 のイタリアンの基礎中の基礎。正しいアーリオ・オーリオの作り方に超シンプルなペペロンチーノの作り方が載っています。そこに乳化についても詳しく書かれていますので、いまいちパスタが美味しく作れないって方は是非読んでみては如何でしょうか?

ちゃんと作れるイタリアン
落合 務
マガジンハウス
売り上げランキング: 5772
マガジンハウス既刊ムック「ちゃんと作れるイタリアン」の書籍化。イタリアンの有名シェフ落合務がベーシックなイタリアンのレシピを解説。プロの料理人もテキストにしたという伝説の1冊が撮り下ろしを含め復活。
- スポンサーリンク -