牛肉と野菜の具だくさん煮込みスープの作り方

週末の朝は朝食をとったらゴロゴロしながらテレビを見ているもんです。7時から所さんの番組見て、7時半からゴーオンジャーをみて裏版でガッチリマンデーを録画して・・・というパターンです。

先日は6時からテレビを見てました。何かの番組で美味しそうな牛肉煮込みスープを食べる海外の家族が映し出されていました。父親はパティシエです。その父が作った牛肉煮込みスープを子供が旨そうに食べています。プロが作ってるんだから、絶対旨いに決まってます。こういうの弱いんです。急激に同じようなモノが食べたくなりますよね。

別に料理番組でも何でもなかったので、レシピが紹介されるわけでもありません。画面に映っていたものからイメージをふくらませて何となくこんな料理だろうと想像して作ってみました。

PICT0297.jpg

牛肉はとにかく旨いのが食べたいと思ったので、たまたま売っていた神戸牛の切り落としカレー用を買ってきて作りました。外食することを考えればグラム400円でも安いもんです。ではレシピどうぞー。

- スポンサーリンク -

牛肉と野菜の具だくさん煮込みスープの作り方(4〜5人前)

材料
和牛(カレー、シチュー用): 300g
和牛脂: 一片
茄子: 2本
人参: 1本
じゃがいも: 2個
セロリ: 1本
フルーツトマト: 3個
にんにく: 一片
ローリエ: 3枚
ペンネ: 200g

調味料
水: 1500cc
白ワイン: 100cc
固形ブイヨン: 1個
粉末パプリカ: 小さじ1
ナツメグ: 少々  ※こどもも食べる場合は極少量で
塩: 少々
胡椒: 少々
オリーブオイル: 大さじ5

作り方(レシピ)

  1. 水に、食べやすくサイコロ状に切った和牛、ローリエ、ナツメグ少々、白ワインを加えてコトコトと煮込む。アクが出てきたら丁寧に取る。
  2. 茄子、人参、セロリをさいの目状にたべやすく切って鍋に次々投入。じゃがいもは切ったら30秒ほど水にさらしてから加える。
  3. 1時間ほどじっくりと弱火で煮込む。保温鍋でい時間ほど放置だともっと楽ちん。
  4. 固形ブイヨン、粉末パプリカ、塩、胡椒で味を調える。若干薄いくらいの感じで。
  5. にんにくを炒めて香り付けしたオリーブオイルにゆで汁を徐々に加えていって乳化させたオイルを作り、鍋に入れる。
  6. フルーツトマトを半分に切って鍋に加えて再び40分ほど弱火でコトコトと煮込む。ここも保温鍋で代用可能。
  7. 食べたくなったときに再度温めて完成!

この日はこの料理がメインだったので、主食としてペンネを茹でました。で、写真のようにスープパスタとして食しました。子供用に調味料を抑えて作ったので、食べるときに胡椒で味にパンチをつけて食べました。結構な分量を作ってしまったので二日目の朝も食べたのですが、トマトの酸味が出すぎてしまっていたので、当日に食べきる方が良いと思います。

保温鍋で合計2時間ほど煮込んだので、お肉はトロトロで、相当美味しかったです。もともとの料理の味に近いのか遠いのかは不明ですけど。w

それにしても保温鍋があると、そうとう楽ちんです。この料理も圧力鍋でも作れますが、あえて保温鍋でやってみました。

PICT0288.jpgPICT0290.jpg

→このレシピで使っている、サーモス真空保温調理器シャトルシェフミニを楽天で探してみたい方はこちらからどうぞ!

- スポンサーリンク -