簡単レシピ - カレーチャーハンの作り方

そう言えばこのブログでは純粋なチャーハンのレシピをまだ公開してなかったようです。これは盲点!

自分でも何を公開しているか覚えていない状態なので、チャーハンを検索してみたら 秘伝!!海老チリチャーハン がヒットしました。チャーハンとしてはかなりの亜流。より純粋なチャーハンのレシピはいずれヤルとして、今日はたまたまカレーチャーハンをお昼に作って写真も撮ったので、そのレシピをアップしようかと思います。

PICT0250.jpg

チャーハンって、レシピは実に簡単なのですが美味しく仕上げるには実は難易度は高い料理です。チャーハンが旨い店は他の料理も大概は旨いと言われるように、チャーハンを旨く作れる頃には、他の中華系の料理も旨く作ることができるウデを手にしていることでしょう。チャーハンは作った数だけ上達する料理だと思います。

- スポンサーリンク -

簡単レシピ - カレーチャーハンの作り方(一人前)

材料
ご飯: 一膳分 ※炊きたてご飯ならお皿でちょっと冷ましてから。冷凍 or 冷飯ならレンジでちょっと温める。
溶き卵: 卵1個分
玉ねぎ微塵切り: 大さじ2程度
ベーコン: 2枚程度
その他たべたい野菜: 今回は秋茄子を加えました。

調味料
塩: 小さじ1/4
胡椒: 少々
カレー粉: 小さじ1/3〜1/2
醤油: 少々

作り方(レシピ)

  1. まず全ての材料を切ったり計ったりして全てが手の届く範囲におく。今回は玉ねぎを微塵切りに。ベーコンも食べやすく1cm程度に切りそろえる。茄子も1cm程度のサイコロ状に。
  2. 薄い煙がでるくらいアツアツに熱した鍋に油大さじ1を入れ、油ならししたら、茄子と玉ねぎを30秒分ほど強火で炒め、皿に取り出す。
  3. そのままアツアツの鍋に油小さじ2を加え、溶き卵を入れたらすぐにご飯をいれて、鍋をひと振りして卵とご飯をひっくり返す。※卵がご飯の上の状態
  4. お玉の縁を使って、ご飯が固まらないように切るようにご飯を混ぜる。ほぐれてきたらお玉の背中で鍋に押しつけたり、ガガッと混ぜたりして、あまり鍋を振らずにお玉を上手く使って満遍なく強火のままでご飯を炒めていく。※ココの炒め時間は約80秒程度。
  5. いったん弱火にして塩、胡椒、カレー粉で味を確認しながら味付け。
  6. 強火に戻す。玉ねぎと茄子を戻してサッとよく混ぜる。最後に、醤油を少々鍋肌からたらして香り付けをしてササッと鍋を混ぜたら完成!

この分量のチャーハンは炒めに入ってから3分以内に完成します。そのくらいのスピードでちゃんと仕上げることができれば、油でベチャベチャになったりしないパラパラチャーハンに仕上がっていると思います。

最後にワンポイントアドバイス。家庭で美味しく作るコツは面倒くさがらず1人前ずつ作る。コレにつきます。家庭の火力では二人前までが限界だと思っています。ただ初めのうちは二人前だとベチャベチャなチャーハンになりがちです。

パラパラに仕上げるには火が良く通る一人前でやる。

たったそれだけで普段作っているチャーハンより美味しくなるはずです。上達したら二人前を挑戦してみましょう。

- スポンサーリンク -