あの月刊 DB マガジンが休刊になるそうです

前職ではデータベースに Oracle を使っていたこともあり、かれこれ10年ほど DB マガジンを読んできた(購読ではなく立ち読みも多かったですが・・・)のですが、2010 年 9 月号(2010年7月24日発売号)をもって休刊することとなったそうです。

月刊「DBマガジン」休刊のお知らせ:SEShop.com : http://www.seshop.com/news/detail/10

平素は「DBマガジン」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。厚く御礼申し上げます。
さて、突然のご案内となり誠に恐れ入りますが、このたび諸般の事情により、2010年9月号(2010年7月24日発売号)をもって、本誌を休刊させていただくこととなりました。
「DBマガジン」は1999年6月の創刊以来、データベース技術の専門誌として刊行を続けて参りました。
この間本誌をご愛読いただきました読者の皆様、ご支援をいただいた関係者の皆様にこれまでのご愛読へのお礼と、この度のお詫びを申し上げます。
今後は、弊社発行の書籍やオンライン・メディア等での、より有用な情報提供に努めて参ります。
今後とも、弊社刊行物にこれまで同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
今回の休刊に対し、寛容なるご理解をいただければ幸甚でございます。
- スポンサーリンク -

Oracle 使いの僕は、パフォーマンスチューニングやバックアップ&リカバリの特集が組まれている号は必要なページだけ切り取って参考書としてまとめて使ってました。もっともそのうち、ネタが集まってきた頃に、ちゃんとした書籍として出版されるパターンが多かったんですけどね。

WEB + DB と並んで非常にお世話になった技術雑誌のひとつでした。

休刊になると言うことで、非常に残念な思い出一杯ですが、毎年のように同じようなネタが続く印象もあり、データベースの世界って10年前と今も実はコア部分は何も変わっていない技術のひとつでもあり、バージョンアップネタを追い続ける感もあり、雑誌編集側としても辛かったのかなぁ〜と想像したりしちゃいます。

今時の流行で Key-Value に行っちゃうのもアリ・・・と思ったりもしますが、エンタープライズ方面では、また話が変わってくるのでしょうね・・・(´・ω・`)

DBマガジン定期購読者特典では過去記事一式を収録した DVD が送られるとのことですが、販売していただけると嬉しいなぁ〜と思ったりします。

- スポンサーリンク -