失敗知らずのパラパラ黄金チャーハンの作り方

おそらくこのレシピは真のチャーハン職人からすると邪道と思われることまちがいなしのレシピですが、家庭の火力でもパラパラなチャーハンを作る方法として巷でも有名なレシピです。

簡単にパラパラ感を出す秘密は、ズバリ!あらかじめ卵をご飯に混ぜて(卵かけご飯状態)から炒めるところにあるのですが、僕的にも確かに邪道だと思います。パラパラ感じゃなくてボソボソ感だろという意見もありますが、油の分量とか若干のアレンジを加えることでボソボソじゃなくてパラパラと言える仕上がりにちゃんとできます。

DSC_0828.jpg

チャーハンを作るといつもべちゃべちゃになって失敗する方には、特におすすめのレシピだと思います。

- スポンサーリンク -

失敗知らずのパラパラ黄金チャーハンの作り方(一人前)

材料
ご飯: 一膳半
溶き卵: 卵大を1個分
ベーコン小間切り: 大さじ2
ネギ微塵切り: 大さじ1 ※お好みで

調味料
塩: 小さじ1/4
胡椒: 少々
醤油: 少々
油: 大さじ2程度

作り方(レシピ)

  1. ご飯をボールに取り出して常温程度まである程度冷ましたら、油大さじ1を良く混ぜ込む。
  2. 塩、胡椒を少々(分量外)加えたら、溶き卵を半分程度だけ良く混ぜ込み、ちょっと卵が少ない感じの卵かけご飯を作る。
  3. 薄い煙がでるくらいアツアツに熱した鍋に油大さじ1を入れ油ならしする。
  4. まずは中火。アツアツ鍋に溶き卵を入れたら、すぐにご飯をいれて、鍋をひと振りして卵とご飯をひっくり返す。※卵がご飯の上の状態
  5. ここから強火。40〜50秒ほどご飯を炒める。炒め方のポイントは、お玉の縁を使ってご飯を切るように混ぜ、ほぐれてきたらお玉の背中で鍋に押しつけたり、混ぜたりして米を満遍なく炒めることと、卵が焦げ付かない程度に鍋を適宜振ることです。
  6. ベーコンとネギを加えて、さらに20秒ほど炒めます。
  7. いったん弱火にして、塩・胡椒で味付けします。一口食べて若干味が薄いかな?って程度の塩加減で。
  8. 最後に、醤油を少々鍋肌からたらして香り付けをしてササッと鍋を混ぜたら完成!

この卵かけご飯をチャーハンにするレシピなら、二人前程度でも比較的失敗なしでパラパラに仕上げることが可能です。三人前はちょっとべたつく感じかなぁ〜。僕はいつも三人家族分を二回に分けて作っています。

− 最後に補足 −
腕が上がればこのレシピに頼ることなく普通にパラパラの美味しいチャーハンが作れるようになります。僕も最近はこの作り方に頼ることは少なくなりましたが、慣れない環境で作るときには失敗知らずなので頼りになります。

ちなみにこのレシピでも失敗する場合は、思い切って卵を全て卵かけご飯状態にして、中火〜弱火で時間をかけてじっくりと炒める一般的な黄金チャーハンレシピの方をお試しください。

- スポンサーリンク -