SSD SSDN-ST256H を bonnie++ で I/O 性能をベンチマーク

前エントリで自宅サーバのストレージを HDD から SSD SSDN-ST256H へ変更したと書きましたが、やはり気になるのはベンチマークの結果。自分自身としても気になって気になって仕方がなかったので、SSD に付け替えたら速攻測定しましたですよ。Amazon Search などのサービスを再開しちゃうと大量のアクセスで正しい性能が測定できないので、LAN ケーブルを外した状態で測定しました。

bonnie++ ってなに?って方は、まずは bonnie++ で I/O 性能を測定 (Linux/Unix での IO ベンチマークソフト) のエントリを参照いただきたい。

- スポンサーリンク -

測定結果です。以前のエントリの結果表に追記する形で見てみます。正直なところ、ベンチマーク結果としては、あまりふるわなかった結果になったと感じています。体感ではもっと高速なんだけどなぁ〜と思うのですが、こんなモノなのでしょうか?それとも比較対象がサーバなので仕方がないのでしょうか?まぁなんにしても bonnie++ ではこのような結果になりました。

注目すべき点はランダムシーク(Random Seek)の結果です。ディスクの回転という概念が存在しない SSD ならではの性能値と見ることができます。連続書き込み(Sequential Output)もブロック単位だとよい結果が出ています。また、Rewrite は苦手かな?と思っていましたが、なかなかの結果です。
概ねの傾向として、一般的な 2.5 inc 7200 rpm の SATA HDD と比較して、Read/Write/Seek 全てを上回る結果がでており、SSD の方が高速であることが見て取れますが、サーバ向けの SAS 15000 rpm x 4 の RAID5 には大きく水をあけられる結果となっています。この辺はインタフェースの性能の違いなどが関係しているかも知れません。※サーバには高性能な RAID カードが搭載されている。

Sequential Output Sequential Input Random
Per Chr Block Rewrite Per Chr Block Seeks
machine IF HDD RAID kernel file
system
Size K/sec K/sec K/sec K/sec K/sec /sec
srv01 SATA 2.5inc
SSD x 1
- 2.6.27.21 ext3 512M 77017 350247 126172 98253 3479015 225761
srv02 SATA 2.5inc
7.2K x 1
- 2.6.27.21 ext3 512M 53410 58640 26283 61552 3452876 94125
dev02 SAS 2.5inc
10K x 4
RAID5 2.6.9-78 ext3 512M 88432 641600 1252036 98616 2728394 233703
db03 SAS 3.5inc
10K x 4
RAID5 2.6.9-67 ext3 512M 79346 521990 1015399 89187 2365334 192594
web01 SAS 3.5inc
10K x 4
RAID5 2.6.9-67 ext3 512M 78702 517364 983970 90878 2483930 805
db02 SAS 3.5inx
10K x 4
RAID5 2.6.9-34 ext3 512M 50940 337165 712611 59781 2127990 137438
dev01 SAS 3.5inc
10K x 1
RAID1 2.4.21-27 ext3 512M 37374 333587 66421 26307 1892969 142482
NetApp NAS 3.5inc
10K x 10
RAID4
-DP
2.6.9-34 nfs 512M 21315 29637 22689 51843 1871314 26843

連続操作(Sequential Create)とランダム操作(Random Create)では、SSD はもっともっと性能が高い結果がでるかと期待していたのですが、付け替える前の 7200 rpm HDD と大して変わらない結果となりました。もっとも各種サーバとの結果とも似た性能値なので、bonnie++ で計測すると、こうなってしまうと言うことなのだと思います。

Sequential Create Random Create
Create Read Delete Create Read Delete
machine IF HDD RAID kernel file
system
files /sec /sec /sec /sec /sec /sec
srv01 SATA 2.5inc
SSD x 1
- 2.6.27.21 ext3 16 78096 584433 100376 80376 817767 101384
srv01 SATA 2.5inc
7.2K x 1
- 2.6.27.21 ext3 16 68798 583743 99778 80764 815855 102240
dev02 SAS 2.5inc
10K x 4
RAID5 2.6.9-78 ext3 16 100619 581899 111798 101126 838492 115621
db03 SAS 3.5inc
10K x 4
RAID5 2.6.9-67 ext3 16 88756 499026 94730 89378 729281 97899
web01 SAS 3.5inc
10K x 4
RAID5 2.6.9-67 ext3 16 87663 464370 91949 87417 698652 96748
db02 SAS 3.5inx
10K x 4
RAID5 2.6.9-34 ext3 16 55010 324442 58072 52501 484489 60254
dev01 SAS 3.5inc
10K x 1
RAID1 2.4.21-27 ext3 16 2410 728045 95281 2724 727659 11933
NetApp NAS 3.5inc
10K x 10
RAID4
-DP
2.6.9-34 nfs 16 801 422 962 888 2666 1175

お次は簡単な性能測定として、お馴染みの hdparm を使って測定してみました。比較したのはサーバの中でもっとも高性能な dev02 です。7200rpm を付けているときに /prox/scsi/scsi の値を取得しておくのを忘れましたが、SEAGATE ST9250421ASG なので、それっぽく /proc/scsi/scsi の値を補完しておきました。

[root@srv01 proc]# cat scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: ATA      Model: TOSHIBA THNS256G Rev: AGYA
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05

[root@srv01 bonnie++-1.03e]# hdparm -tf /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00:
 Timing buffered disk reads:  588 MB in  3.00 seconds = 195.87 MB/sec


[root@srv01 proc]# cat scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: ATA      Model: SEAGATE ST9250421ASG Rev: ?
  Type:   Direct-Access                    ANSI  SCSI revision: 05

[root@srv01 bonnie++-1.03e]# hdparm -tf /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00:
 Timing buffered disk reads:  266 MB in  3.01 seconds =  88.31 MB/sec


[root@dev02 ~]# cat /proc/scsi/scsi 
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 32 Lun: 00
  Vendor: DP       Model: BACKPLANE        Rev: 1.05
  Type:   Enclosure                        ANSI SCSI revision: 05
Host: scsi0 Channel: 02 Id: 00 Lun: 00
  Vendor: DELL     Model: PERC 6/i         Rev: 1.21
  Type:   Direct-Access                    ANSI SCSI revision: 05

[root@dev02 ~]#  hdparm -tf /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00:
 Timing buffered disk reads:  490 MB in  3.01 seconds = 162.87 MB/sec

結果は SSD 最速となりました。まぁこれも1つの参考値として見るべきですが、個人的には満足です。(´▽`)ノ

とまぁ〜Windows 上でのベンチマーク結果は、ぐぐればすぐに Crystal Disk Mark とかの結果がでてくるし、各種雑誌でのレポート値も見ることができるのですが、Linux 上ではどうよ?って参考値にはなるのかなぁ〜と思って、このエントリを書いてみました。

I-O DATA 東芝製SSD採用 Serial ATA対応内蔵2.5インチSSD 256GB SSDN-ST256H
アイ・オー・データ (2009-12-20)
売り上げランキング: 19612

楽天で最安値を調べてみる → 2010.03.21 時点での最安値は72,159 円です。Amazon の方が安いですね。

- スポンサーリンク -