ボンゴレ和風ジェノバソースパスタの作り方

これも近所のパスタやさんキャナリィ・ロウに行ったときに良く頼むパスタです。
あそこはペペロンチーノ系を頼むと、次の日に確実にお口がにんにく臭くなるんです。そんなわけで和風系を頼むことが多いです。その中でも特に好きなのが、ささみの唐揚げを使ったやつと、あさりを使ったやつです。どちらもジェノベーゼソースを使っていて僕好みの味付けなんです。

先日のことですが突然家であの味を再現したくなりました。そんなわけで作ってみました。
正直言ってホンモノより旨いものができたと思う。щ(゚▽゚щ)

DSC_0009.jpg

キャナリィ・ロウのは僕にとって味が濃すぎる(しょっぱい)ので、塩分控えめな味付けにしてみました。

- スポンサーリンク -

ボンゴレ和風ジェノバソースパスタの作り方

材料
お好みのパスタ: 300g ※ウチはディ・チェコの1.6mmを愛用してます
あさり: 1パック
にんにくの輪切り: 一片 ※芯はとっておく

調味料
ジェノベーゼペースト: 大さじ1
ゆで汁: 200cc ※お玉2杯分
お湯: 500cc
日本酒: 大さじ1
醤油: 小さじ2
塩、胡椒: 少々
オリーブオイル: 大さじ3

作り方(レシピ)

  1. あさりの砂抜きを十分行い、貝殻をこするようにして良く洗って水切りをしておきます。
  2. 鍋満杯のお湯を予め沸かしておきます。塩分濃度は大体1%強(水1.5リットルに対して塩を大さじ1)のお湯でパスタを7分半茹でます。おおよそパッケージの記載から -30 秒です。
  3. 湯で初め2分後にフライパンでオリーブオイル大さじ3を軽く熱したら、にんにくを弱火で香りが出るまで炒めます。
  4. あさり、日本酒、お湯200ccを加えて中火であさりを2分ほど鍋ぶたをして蒸し焼きにします。
  5. 鍋ぶたをとり、残りの調味料を全て入れて塩胡椒で味を調えます。塩と醤油の分量は醤油を加えてから塩で味を調える感じでやってください。
  6. パスタが茹であがったら、よく水切りしてからスープとしっかり混ぜ合わせます。最後にお皿に盛りつければ完成!

このパスタの魅力は何と言ってもスープです。バジルの香りとあさりの風味がよく混ざり合って本当に美味しいです。パスタを食べた後はスープとして全部飲み干してしまいます。うちのレシピは味が薄めなので、味が濃いめがお好きな方は、醤油をちょっと多めにすると良いかも知れません。その場合はスープを飲み干すにはしょっぱいかもしれませんけど。

- スポンサーリンク -