ロジクール V550 Nano が二度目の故障(チャタリング)

表題の通りですが、お気に入りのコードレスマウスのロジクール V550 Nano が二度目の故障です。

故障の症状ですが、よく使う左ボタンがシングルクリックにも関わらずダブルクリック状態になってしまいます。ネットで情報収集してたら、どうやらこの症状をチャタリングというらしいです。

チャタリング - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/チャタリング

チャタリング (chattering) とは、リレーやスイッチの接点が切り替わった際に、微細で非常に速い機械的振動によって、電気信号が断続を繰り返す現象である。非常に短時間で消失する現象であるが、電子回路の誤動作の一因とされ、通常は電子回路を工夫することなどで予め対策が取られる。

ロジクールのマウスは三年間の保証期間があるので、ロジクールマイページより故障報告を行い、購入時のレシート(保証書扱い)の撮影画像を添付することで、新品と無償交換を行うことができます。
マイページはこちら → http://logicool-jp-jpn.custhelp.com/app/account/overview/section/mystuff

約一ヶ月前に故障で交換して貰ったばかりにも関わらず、早くも二度目の故障です。
正直早すぎやぁしないかっ!?と思い情報収集してみると、ロジクール製品は結構チャタリングしやすいとの評判をよく見かけます。価格コムとかでの評価でも良く書き込まれてますね。しかしながら使い勝手は非常に良いので、チャタリングが発生するリスクを冒してでも購入する方が多いようです。

- スポンサーリンク -

さてさて、僕は今まさに無償交換申請をしている最中ではありますが、その間はこのチャタリング状態を我慢しながら使い続けるには難があります。ファイルを複数選択してドラッグしようとすると選択状態が解除されてマウスがある箇所のファイルがダブルクリック扱いされたり、ウィンドウを移動しようとすると最大化扱いされたりと、まさに Windows の操作そのものに支障をきたしております。

そんな困り果てていた中で見つけたのが ChatteringCanceler (チャタリングキャンセラ)というソフトウェアです。32bit/64bit の OS に対応しているので今時の Windows7 64bit 版でもちゃんと動作します。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se455786.html

img001.jpg

チャタリングの制御のアルゴリズムとして3つのモードがありますが、僕の場合はハイブリッドという方式じゃないと旨い具合に制御できませんでした。症状によって違うので、自分の感覚が納得いくまで try&Error で最適な設定を見つけるしかなさそうです。

これで強制的にダブルクリック状態になる迷惑極まりない症状は緩和されましたが、人間の感覚というものはスゴイものでして、微妙な違和感がぬぐいきれません。

交換品が届くまではこのツールで乗り切るしかありませんが、このツールのおかげで別のマウスに付け替える真似はしなくて済みそうです。本当に助かりました。久々に感動したツールだったのでご紹介致しました。

この他にマウスを分解して抵抗を交換してしまう根本的解消を行う方法もあるようです。
Logicool MX-610 チャタリング問題 解消法 : ものづくり日記

ロジクール V550 Nano コードレス レーザーマウス シルバー V-550SV
ロジクール (2008-09-12)
売り上げランキング: 4118
おすすめ度の平均: 4.5
4 ネット閲覧に便利
5 いまのところ最高のマウスです
5 なかなか良いです
5 これは良い
- スポンサーリンク -