【続】ポータブル・地デジTV&ブルーレイプレイヤー DMP-BV200 を購入しました

前回購入レポートを書いてから随分と日が空いてしまいましたが、ブログを書く時間が見つかったので続きを書きます。

本機の特徴は何と言ってもブルーレイと地デジが閲覧できることです。地デジを映すためには B-CAS カードが必要になるわけですが、本機に付属しているのは miniB-CAS カードです。こんなに小さくできるのなら初めからこのサイズにしてくれよって思っちゃいます。ケータイの SIM カードサイズの miniB-CAS カードをバッテリー裏の差し込み口に差し込みます。

DSC_0613.jpg

いよいよ電源をオンにします。これで我が家も地デジを閲覧可能なテレビが二台になるはずです。(*`Д´)ノ!!

- スポンサーリンク -

電源をオンにして簡単設定に従ってチャンネル設定を行っていきます。本機の特徴として地デジケーブルを接続しなくても内蔵4ダイバーアンテナでフルセグが受信可能です。せっかくなのでアンテナの性能を確かめる試験も含めて、地デジケーブルを接続せずにセットアップを行いました。我が家はさいたま市ですが、こんな感じでチャンネル設定されました。

DSC_0615.jpg

結論から言うと、チャンネル設定されるものの地元放送のテレ玉以外はワンセグ受信に切り替わってしまいます。テレ玉も電波も微妙で窓際ならフルセグ受信されるのですが、部屋の真ん中だとワンセグに切り替わったり受信性能はあまり宜しくないようです。都内だと状況はまた違うと思うのですが、都心から離れるとかなり微妙な感じです。普段は寝室に置くことにしたこのテレビですが、仕方がないのでケーブル接続して見ることにしました。

DSC_0618.jpg

さて気になる画質の方ですが、ポータブル液晶の宿命とでも言うべきか・・・パネルはほぼ間違いなく TN です。このサイズの液晶はパソコンでも流用可能等々の理由もあろうかと思うのですが、家電製品ということもあり、視野角はとにかく広くあるべきと考えます。しかるに IPS は無理にしてもせめて VA パネルくらいにはして欲しかったところ。

写真はフラッシュをたいているので色が薄く感じますが、正面から見るとガラスコーティングもあり発色はかなり良好に感じます。ブルーレイでアバターを見てみましたが、暗部も黒く潰れることなく色階調は極めて綺麗に表示されました。ただ視野角の方はそれほど広くなく、横から見ると色が暗くなります。

DSC_0620.jpg

下から見るとなんとも TN らしい惨めな表示になります。真っ暗で認識不可なレベルまで表示劣化します。上からの表示はこれほど酷くはありません。

DSC_0623.jpg

ぼろくそに言ってきましたが、実際の利用シーンを考えると液晶の表示にそれほど不満を感じるほどでもありません。リビングに設置したテレビとシーンが異なり、本機はパソコンのように間近で見るシーンが多いはずです。とすればほとんど真っ正面からの閲覧ということになり、液晶の表示に不満を覚えることがないわけです。それ以上に布団で横になりながらフルセグやブルーレイを見るという利便性の方が遙かに勝っています。

ただ僕的には、ほとんど必要ないと感じる機能もいくつかあります。

まずはフォトフレームモード。SD カードを挿してフォト鑑賞する。今後は旅行のお供として本機を常備することを考えると、旅行先などで撮影したデジカメを宿で鑑賞する用途には使えると思う。しかし自宅でフォロフレームとしては間違いなく使わない。それにしては消費電力がでかすぎるからだ。

次に youtube 閲覧機能。これも使わない。おそらく二度と起動すらしない機能。
まずソフトウェアキーボードとかによる検索すらできない。表示されたおすすめの動画を閲覧して何が楽しいのだろうか?意味がわからない。そもそも LAN に優先接続しなければならない機能仕様もいけていない。ここまでマルチメディア機能を詰め込むのなら無線 LAN 機能も搭載すべき。ポータブルなのに優先は地デジケーブルだけでお腹いっぱいです。

そして個人的には一番ガッカリ感が大きかったのは DLNA 機能の不完全さです。(´・ω・`)ガッカリ・・・

実を言うと自宅サーバに CD 音源を集中させて DLNA 経由でピュアオーディオ出力計画を立てていました。CD の入れ替えが面倒だからという理由とハイレゾリューション音源を楽しみたいという二つの理由からです。偶然にも本機には DLNA の紋章が入っていたので非常に期待感が高まってました。

DSC_0626.jpg

構築中の自宅サーバのライブラリに接続して mp3 を再生しようと試みたのですが・・・再生不可能。
どうやら本機は DLNA 規格対応した機器からストリームされる映像は再生可能ですが、mp3 等の音楽の再生には対応していないようです。せっかく OS アップデート機能が付いているので、是非とも DLNA 規格にちゃんと対応して音楽も再生可能にして欲しいものです。

DSC_0628.jpg

というわけで一週間ほど使ってみた感想として、本機は70点といったところでしょうか。DLNA による音楽再生非対応という点で大幅な減点ですが、そもそもそんなの関係ないって方には満点に近い最強のポータブル・地デジTV&ブルーレイプレイヤーであることに間違いはないと思います。


→楽天でポータブル地デジ&ブルーレイプレーヤ DMP-BV200-S(シルバー) の最安値を探してみる。

- スポンサーリンク -