話題の快眠寝具エアコンマットそよを購入してみた

NHK まちかど情報室でも紹介された暑い夏を乗り切る快眠寝具のエアコンマットそよ(soyo)

今年も昨年購入した小林製薬の熱さまひんやりジェルマットを活用してます。
知らなきゃよかったのですが、いつも見ているまちかど情報室で知ってしまったエアコンマットそよ(soyo)・・・兎にも角にもひんやりグッズということで暑がりな僕には気になって仕方がありません。楽天でカートに入れたり出したりして悩みまくってましたが、ついに購入しちゃいました。 (*´∀`)

フルサイズ(シングルサイズ)はネット最安値でもお値段約 15,000 円ほど。正直言って相当高いグッズです。お値段半額のハーフもありますが足か背中しか冷やせないハーフでいいのかと。(*`Д´)ノ!!
フルサイズを注文しました。安い店ほど売り切れ入荷待ち状態であることが多いようですが、無事1週間で出荷され先日納品されました。

DSC_1003.jpg

- スポンサーリンク -

この節電の夏を乗り切るための暑さ対策として有望な快眠寝具として注目を浴びているエアコンマットそよ(soyo)、数日使ってみた結論をまず言っておこう。

断言します。
・涼しくない。ひんやり感は全くない。ただし熱がこもらないので暑くもならない。
・ファンの音が思っていた以上に気になる。自宅サーバが近くで動いているのと感覚が近い。
・寝心地は若干硬くゴワゴワする。柔らかめが好きなんでイマイチ。
・177cm の僕にとってはサイズが小さく足が通気口プラスチックの部分にあたって気になる。

過剰に期待していただけに残念感が漂っているのですが、熱さまひんやりジェルマットとは全く異なるコンセプトです。ひんやりジャルマットは体温を吸収する材質なので冷却管を感じますが、熱がこもると逆に熱く感じるので寝返りを打つことになります。
この商品は冷たくもひんやり感もないのですが、こもる熱を吸収してくれるので布団との接着点の体温を一定に保つことができます。ただし室温もそれなりに冷えている必要があると感じました。つまりエアコンとセットである必要を感じます。

1367_04.jpg
img002.jpg

しかし通気させる構造を確保するために堅い材質になってしまいます。い草シートの上で寝ているような感覚とテレビで放送しているのを見かけもしましたが、それとも感触は違います。やはりプラスチック的な何かがゴワゴワする感じです。

1367_06.jpg

そして意外と気になるのがファンの音。風量が弱では熱がこもるし、中ではファンの音が気になる。エアコンとセットで使うので、実を言うと強でも気にならないし一度寝ちゃえば気がつかないのですが、ちょっと残念ではあります。

DSC_1013.jpg

さて、意外と記事にしてみるとボロクソに dis ってる気がしてなりませんが、実を言うと条件さえ揃えば手放せない冷却グッズになり得ています。※これは僕にとってはで、妻・子どもはあわないようです。

・エアコンは普通に付ける(この時点で節電対策にはなっていない)
・タオルケットなどで体を覆う
・風量は強でタイマーセットは8時間
・シーツは専用のものを購入(通気性がよい)

DSC_1005.JPGDSC_1007.jpg

節電しながら快眠はなかなか難しいものですね・・・まぁ夜間電力の使用なら良いでしょうと思い、エアコンを利用する日々が続いています。

- スポンサーリンク -