河口湖オルゴールの森で物欲を刺激された

前々回の日記前回の日記に引き続き、2011年9月23日(金)〜25日(日)の三連休を使った御殿場、富士山、河口湖の旅行日記です。富士山から二日目の宿として予約していた”湯けむり富士の宿・大池ホテル”にて宿泊。初日のコストパフォーマンス重視のスーパーホテルも良かったのですが、高級ホテルは流石に別物の快適さがあります。まぁ宿についてはまた別エントリで!

旅行三日目。
いろいろプランを立ててはいましたが旅のプランなんて流動的なものです。河口湖周辺が思った以上に遊べそうです。ホテルで河口湖オルゴールの森のチケットを割引価格で購入し、朝10時過ぎにホテルを後にしました。まずは河口湖を堪能しようと遊覧船に乗りに行ったのですが、お決まりの足こぎスワンが目にとまります。娘もスワンの方がイイっていうので足こぎ要員として頑張ることになりました。

DSC01215.jpg

- スポンサーリンク -

手を伸ばせが水面に届く程の目線なので意外に恐怖感があります。そして思った以上に漕ぐのが疲れます。30 分で 2,000 円の時間制限付きなので湖の真ん中まで漕いで出るのはまず不可能と判断しましたが、結構岸から離れたところまで進んでしまったので足が疲れて帰るのが大変でした。加えてボートやら遊覧船やらで生じる波でスワンが結構揺らされることに後々気がつかされます。揺れるので当然のように船酔い条件が整います。
はい。船酔いしました。酔い止めを飲んでおくべきでしたね・・・<丶´Д`>ゲッソリ

DSC01231.jpg

船酔いしたので予定よりも早くスワンを終えてカチカチ山ロープウェイに乗ることにしました。カチカチ山という名が付いているとおり、昔話のカチカチ山のモデルとなった場所です。

DSC01243.jpg

先ほどまでいた河口湖を一望できる高さまで上がります。よくよく見ると橋の近くまで漕いでるスワンとかいてチャレンジャーもいるもんだなぁ〜とロープウェイ内で話題になってました。w

DSC01252.jpg

カチカチ山の山頂からは富士山の絶景を拝むことができるはずなのですが、あいにくの曇り故に富士の樹海と富士急ハイランドしか見ることができませんでした。これは残念でした。(´・ω・`)ショボーン

DSC01255.jpg

カチカチ山を一通り楽しみロープウェイで山を下ります。小腹が空いたので駐車場付近でデザートを食しました。どうやら河口湖付近はチーズケーキ屋が多いみたいですね。チーズケーキを食べておきたいところですがシュークリームで我慢我慢。

DSC01273.jpgDSC01271.jpg

さて帰りが余り遅くならないためにも、そろそろオルゴールの森へ移動です。10分足らずであっという間に到着です。いろいろ遊ぶところが集中してると移動が楽でイイですね。

DSC01275.jpg

結論からすると、河口湖オルゴールの森は相当おすすめの観光地です。そして本物のオルゴールが欲しくて欲しくて堪らなくなる物欲刺激ポイントでもあります。館内へ入ると豪華なエントランスがお出迎えしてくれます。ここで結婚式とかもできるみたいですね。
そして驚きなのが、この部屋全体がオルゴールになってます。全面および背面の人形達は機械仕掛けで動くようになっていて一時間に一回のペースで演奏会が始まります。生音はやっぱりいい音ですね!

DSC01283.jpg

もう一つ絶対に聞いておくべきポイントがメインホールの自動演奏楽器&エルパアンサンブルコンサートです。こちらも一時間に一回のペースで演奏会が始まります。オルゴールというと、あのシンプルな心癒す音を思い浮かべますが、この自動演奏楽器はオーケストラの要素をすべて箱に詰め込んで自動演奏させるというシロモノです。もはやオルゴールの域を超えてます。ここに来て良かったと思うこと間違い無しです。

いつでも好きな時に音楽を楽しみたいというヨーロッパ中世の王侯貴族たちの思いが、音楽家の夢や工芸職人の技と結びつき、数々の自動演奏楽器の名作が生ま、何世代にもわたって作り上げるというのが驚きです。たとえ国王と言えども力がないと手にできなかったシロモノとのことでした。

DSC01299.jpg

そして久々に聞いたフルートとチェロの生音。やっぱいい音ですね。

DSC01302.jpg

この他にも西洋のからくり人形オートマタの展示実演もあります。こちらは時間帯が合わず動いているところを見ることができませんでした。(´・ω・`)ショボーン

DSC01323.jpgDSC01322.jpg

そんなこんなでオルゴールの音に囲まれているとオルゴールが欲しくなってくるわけです。弁の数が多くなると奏でる音階が増えて値段も高くなります。下のようなオルゴールは数十万します。流石に買えないけど一時的にめっちゃ欲しくなりました。

DSC01305.jpg

ミュージアムショップには数千から数十万円までのレンジで様々なオルゴールが売られています。数万円の商品は手を触れないように注意書きがされています。数万円なら買ってもイイかも・・・と金銭感覚が狂ってきますがグッと我慢。結局娘が安いオルゴールを1つ購入するにとどまりました。

DSC01320.jpg

個人的にはゲームミュージックとかオルゴールとめっちゃ相性が良いと思ってるんだけど・・・どうかな?ターゲット層と商品コンセプトをちょっと変えると結構高いのも売れると思うんだけどなぁ〜

時間も気がつけば15時半。そろそろ帰らないと帰りの渋滞が心配です。というか渋滞に泣きながら帰ることになったのですが、それはまた別の話で。三日間の旅行もこれにて終了、天候には若干恵まれませんでしたが十分に休暇を満喫することができました。

おしまい。宿編はまた別途。

- スポンサーリンク -