スーパーホテルが予想以上に快適だった

2011年9月23日(金)〜25日(日)の三連休を使った御殿場、富士山、河口湖の旅行の初日に宿泊した御殿場スーパーホテル2が想像以上に快適でコストパフォーマンスは抜群に良かった。

結論からすると、今後は高級宿以外で宿泊をする旅はスーパーホテルにしようと思うようになりました。その経緯についてまとめてみました。

DSC01007.jpg

- スポンサーリンク -

そもそもスーパーホテルに宿泊しようと考えたのも、毎週楽しく見ているがっちりマンデーでの放映があってのことでした。放送内容でいいかもって思っていたのは下記の点です。

  • ビジネスホテルの料金なのに大浴場(101店舗中47店舗)がある。しかも天然温泉。
  • 朝食はバイキング形式
  • 防音性に優れた設計
  • ぐっすり睡眠のために7種類の枕から選べる
  • 靴を脱ぐ設計になっているのでカーペットが綺麗

期待していた点についてはほぼ満点。
テレビの放映内容に偽りなしといった感じです。それ以外にも嬉しいサービスが幾つかありました。まずチェックイン時に女性は5点セットでアメニティを選ぶことができました。これは女性にとってはなかなかポイント高いサービスでした。次に肝心のお部屋ですが、ビジネスホテルらしく、ちょっと狭めかなぁーと思いますが、過去の経験と比較しても、カーペットは綺麗だし、壁紙も綺麗だし、大きめの空気清浄機も回ってるし、全体的にかなり清潔感がある感じでした。
基本的に寝るだけって考えると予想以上にコスパ高い部屋です。テレビだってちゃんと薄型液晶です。

DSC00998.jpg

次に大浴場。
御殿場スーパーホテルは大浴場が付いている店舗で天然温泉を堪能しました。
時間帯で男風呂、女風呂に入れ替わるので、夜にチェックインした場合は眠くても大浴場に直ぐに入ることができない可能性があります。実際チェックインした時間帯は男風呂だったので、娘はちゃちゃっと一緒に入れて奥さんは部屋のシャワーを使うことになりました。お湯は無色透明の温泉でした。普通に気持ちよかったです。僕はしっかり二回入浴しました。

次に朝食サービス。
バイキングは東横インみたいな感じかなぁーと思っていたらスーパーホテルの方がちょっとグレードは上ですね。基本的に作り置きができる煮物、スクランブルエッグ、ソーセージなどバイキング形式で普通に置いてあるものですが、ご飯とパンが素直においしかったです。
ただ朝7時という時間帯か、隻数と客数がマッチしていないので激込み状態でした。

次に期待していた枕。
チェックインが遅かったので選べる枕は在庫がなくなってしまっていて、部屋に常設されている枕を使うことになりました。残念ながらその枕は非常に寝心地が悪かった。妙にでかくで高さがあるので首が痛いです。ロフト側の枕は小さめだったので、そちらを使いました。改善していただきたい唯一の点でした。ちなみにベッドは堅めで僕は寝やすかったですが、基本的に敷き布団で寝るタイプの人なので眠りは浅めでした。

そして何より嬉しかったサービスがコネクティングルームサービスです。
この御殿場には三人部屋がそもそもありませんでした。仕方なく二人部屋とシングルを別々で予約をしたのですが、名前と連絡先で店員さんが気がつき、コネクティングルームをセッティングして予約してくれていました。
コネクティングルームは2つの部屋をドアを外して連結するサービスで、これなら四人部屋に拡張できるんですよね。トイレも洗面所も二つあるので結構便利でした。

DSC01010.jpg

そんなわけでスーパーホテルの快適さとコストパフォーマンスに感激した次第です。
一応部屋は富士山が拝める部屋を予約していたのですが、そもそも曇りで全然見えずでしたが、天候までは仕方ありませんね。

- スポンサーリンク -