簡単レシピ - 旨味濃厚なあさりの味噌汁の作り方

日々精進すべく、お料理の作り方をたまに微妙に変えたりしています。

先週末のことですが、付け合わせとして、いつもと違う手順で作ったあさりのお味噌汁を作ったところ、あさりの分量からは考えられないほどの濃厚な旨味がでました。ちょっとネットで調べてみたところ、NHK のガッテン流と似たレシピ内容でした。あさりの身もプリプリのままで非常においしかったです。

DSC01752.jpg

今度あさりの味噌汁を作るときには、是非一度お試しください。

- スポンサーリンク -

簡単レシピ - 旨味濃厚なあさりの味噌汁の作り方

材料
あさり: 1パック(200g)
刻みネギ: 適量

調味料
日本酒: 大さじ3
味噌: 大さじ1.5
水: 150cc
水: 250cc

作り方(レシピ)

  1. 海水と同じくらいの塩分濃度(3〜5%くらい)の塩水を作り、あさりがちょうど隠れる程度の水量で2時間ほど砂抜きします。
  2. 貝殻をこすり合わせるようにして、流水でよく汚れを洗い流します。
  3. 鍋にあさりを敷き詰め、日本酒を加え、水150cc を加えて中火にかけます。
  4. 沸騰して、あさりの半数ほどの口が開いたら火を止める。
  5. この時点で完全に口が閉じているものは死んでいるので取り出して捨てる。
  6. 蓋をして2分ほど放置。
  7. 一旦あさりを取り出し、水250cc を加えて一煮立ちさせ、味噌を溶いて刻みネギを加える。
  8. 火を止め、あさりを戻して蓋をし、20秒ほど温めたら完成です。

ポイントは最初に少ない水で、あさりを煮ることです。これでなぜか旨味が濃厚になります。
つぎのポイントは死んだあさりを早い段階で取り出すことです。死んだあさりが混ざっていると、貝の腐った臭いにおいで味噌汁が台無しになってしまいます。
最後のポイントは、火を通しすぎず、いったんアサリを取り出してしまうことです。

火を通しすぎると旨味が抜けてしまい、逆に火が通っていないと危ないので、最後に戻す前に1つつまみ食いして、火の通りを確認して蒸らし時間を調節するとよいでしょう。

- スポンサーリンク -