娘と一緒に!簡単手作りバレンタインチョコの作り方

去年から作り始めたオリジナルのバレンタインチョコ、今年も家族みんなで作りました。定番のロッテのガーナチョコを大量に買い込んで、細かく刻んで湯煎で溶かして型に流して冷やす。基本的にそれだけなので簡単です。後は装飾用のチョコレートも湯煎で柔らかくしておいて絵を描いたり、デコレーションします。できあがりはこんな感じです。

DSC02361.jpg

レシピと言うほどではありませんし、時期はずれですが、今回の作り方をメモしたので公開します。

- スポンサーリンク -

娘と一緒に!簡単手作りバレンタインチョコの作り方

材料
ロッテのガーナチョコ: 6枚
デコレーション用のチョコ: 適量

作り方(レシピ)

  1. ガーナチョコをミキサーなどで細かく砕いて、50℃のお湯で湯煎しながらチョコをゆっくり溶かす。
  2. シリコン製の型に溶かしたチョコを流し込む。
  3. 別途湯煎したお絵かき用のチョコで絵を描いたり、デコレーションチョコで装飾したりする。
  4. 冷蔵庫でゆっくり30分ほど冷やす。
  5. お友達に配るためのラッピングをして完成!

というわけで、順に写真付きで制作過程を説明していきます。
まずはロッテのガーナチョコ6枚を粉々に砕いておきます。今回はバーミックスで砕きました。ほぼ粉末状態になりました。

DSC02302.jpgDSC02310.jpg

50 ℃のお湯で湯煎しながらゆっくりとチョコを溶かしていきます。去年は温度が高すぎで脂が分離してしまいました。温度には注意が必要です。一方でシリコン製の型に湯煎した色チョコで目や鼻を書いてお絵かきを楽しみます。

DSC02320.jpgDSC02328.jpg

お絵かきしたら型にチョコを流し込みます。子どもは小さめのスプーンの方がやりやすいでしょう。最後にゴムべらなどで形を整えます。型もいろいろあると楽しめるでしょう。個人的には仁丹みたいな小さな丸いデコレーションチョコは好きじゃないですけど、見た目はいいですよね。

DSC02332.jpgDSC02335.jpg

30分ほど冷やして固めるとこんな出来映えになります。シリコン製の型は柔らかいので取り外ししやすくておすすめです。

DSC02348.jpgDSC02352.jpg

自宅で食べる分には、こんな感じで見た目の良いお皿に盛るといい感じになりますね。

DSC02351.jpg

僕の知らないところで作っていた特大チョコをいただきました。文字読めないけど・・・(TдT) アリガトウ!

DSC02372.jpg

- スポンサーリンク -