家庭で作れる本格風タッカンマリのレシピ

ちょっと前に手羽先で作るタッカンマリもどきのレシピを書きましたが、A型凝り性な性分でして鶏一羽はこの時期入手するのは難しいものの、もっと本格的なタッカンマリを作りたいって事で、骨付きモモ肉を使って作り直してみました。味と香りのアクセントも加えたかったのでニラも使いました。

前回はもともと冬瓜スープの予定を急遽変更しての夕食でしたが、今回か最初っからタッカンマリ狙いなので味もビシッと決まりました。(≧∇≦)b

DSC05380.jpg

- スポンサーリンク -

家庭で作れる本格風タッカンマリのレシピ

材料
手羽先: 5本
骨付き鶏モモ肉: 2本
じゃがいも(中): 2個
ネギ: 1本
にんにく: 2片
生姜: 1片

調味料
日本酒: 200cc
水: 1200cc
塩: 小さじ1

調味料2
醤油、豆板醤、お酢: お好みの分量

DSC05359.jpgDSC05360.jpgDSC05362.jpgDSC05363.jpgDSC05367.jpgDSC05368.jpgDSC05369.jpgDSC05370.jpgDSC05374.jpg

作り方(レシピ)

  1. 鶏肉を丁寧に流水で血合いの部分を洗い流す。じゃがいもは皮をむいて1cmの厚さで切り軽く水にさらしておく。にんにく、生姜は厚めにスライスする。ニラは食べやすいサイズにカットしておく。
  2. 手羽先、ネギの青い部分、にんにく、生姜、日本酒、水を鍋に加えて灰汁を取りながら強火で沸騰させ、保温鍋で一時間放置する。
  3. 骨付きモモ肉を加えて灰汁を取りながら再度沸騰させ、20分保温鍋で放置する。
  4. 青ネギを取り除き、じゃがいもとブツ切りのネギを加えて再度沸騰させ、20分保温鍋で放置する。
  5. 雰囲気を出すためここで大きめの鉄鍋に移し替え、再度沸騰させてニラを加えたら火を止めて完成!

お鍋を食卓に移しトングで鶏肉を食べやすいサイズにブツ切りにします。お皿によそって醤油・豆板醤・お酢でお好みの分量加えて召し上がりください。手羽先はダシ用なのでモモ肉の方を中心に味わいます。手羽先の肉より圧倒的に旨味があって美味しいです。そして相変わらずじゃがいもの相性が抜群です。

DSC05377.jpgDSC05386.jpg

一通り具を平らげたら手羽先のお肉を手でほぐして骨など食べない部分は除いておき、硬そうな生の讃岐うどんをサッと1分ほど茹でたのを鍋に加えて7分ほど茹でたら韓国で食べたようなタッカンマリ最後の締めのうどんが完成です。これがまた最高に美味しいです。

DSC05390.jpg

時間はかかりますが絶品のタッカンマリができあがるので、是非お試しください!

- スポンサーリンク -