寒冷蕁麻疹(じんましん)体験談とその治療薬

昨日早朝のことです。いつもどおりに朝 AM8:00 ごろに週末トレーニングのジョギングにでかけました。いつもの服装、いつものコースをまわって帰宅した 10 分後に体の異変に気がつきました。足や手が猛烈に痒い。いままで経験したことがない痒さです。

奥さんの体験談によると寒冷蕁麻疹の症状だとか。
僕の記憶をたどればおおよそ蕁麻疹に類する症状は経験にない。とりあえずお風呂で暖めると良いらしいので浴槽にゆっくり浸かりました。結論から言うと風呂で暖めても全く症状は改善されず抗ヒスタミン薬で症状が治まりました。

DSC06282.jpg

- スポンサーリンク -

蕁麻疹とはそもそも何なのか?

まず蕁麻疹について無知なので wikipedia を調べてみました。

皮膚の血管や血管の周囲には、肥満細胞(好塩基性の細胞)が散在しており、この肥満細胞の中にヒスタミンという成分が多数含まれている。何らかの原因で、肥満細胞がヒスタミンを分泌する。それにより、ヒスタミンが血管に働いて、血管を拡張させるとともに、血管の透過性が亢進し血管外への血漿成分の漏出を起こさせる。そして、皮膚の真皮内に流出した血漿蛋白が真皮の組織間隙圧によって抑制され、限局した浮腫になるが、それが膨疹という表現形になる。さらに、ヒスタミンは皮膚の神経を直接的に刺激し掻痒を誘発させる。

なるほど。蕁麻疹はヒスタミンが関係して発症する症状であることを初めて知りました。そして寒冷蕁麻疹は物理性蕁麻疹のひとつで、確かに今朝の冷え込みの中ジョギングしたことにより誘発されたと考えるのが適当だと思いました。また寒冷蕁麻疹の症状として手、足、太もも、背中、腹部に発疹ができる場合が多いらしいのですが、これも今回の症状に当てはまっています。

物理性蕁麻疹
機械刺激・温度・圧迫・汗・運動などで誘発される場合がある。寒冷により生じる寒冷蕁麻疹もこの一つで、冷たい飲み物(ビール、ジュース、水)を一気に飲むと咽頭や喉頭に浮腫を生じ呼吸困難になりやすい。みみず腫れは接触による膨疹が線上に配列し融合することで生じる。

蕁麻疹の治療薬について

皮膚にアレルゲンが侵入し、ヒスタミンが過剰分泌されることにより、血がを広がり皮膚が炎症する仕組みであれば、よく似た病気を知っています。そうです。持病の鼻炎(花粉症)が同じ原理です。年間通して鼻炎の症状があるため、幸いうちには花粉症の薬のストックがあります。

朝に発症して夜まで症状が改善されませんでしたが、花粉症の症状が酷い場合に服用する「ポララミン、ザジテン、セレスタミン」のセットを服用しましたところ、ものの 30 分程度で症状は劇的に改善されました。もう少し早めに情報を集めて服用すれば、半日もかゆみで苦しまなくてすんだのに・・・と公開するほど効果覿面でした。

いずれも左が薬服用前。右が服用後1時間後です。1時間後では、ひざ、ひじ周りは完全に発疹が消え、太ももの発疹は皮膚の腫れまで症状が治まりました。かゆみは完全に消え、2時間後には晴れも消えました。

DSC06277.jpgDSC06283.jpg
DSC06282.jpgDSC06285.jpg

治療薬については抗ヒスタミン剤が有効であり、調べたところ花粉症でいつも見慣れた薬たちが蕁麻疹にも有効なようです。

分類 商品名(一般名) ポイント
抗ヒスタミン薬
(第1世代)
ポララミン(D-マレイン酸クロルフェニラミン)
タベジール(フマル酸クレマスチン)など
副作用として眠気があります。車などの運転をする時には、服用を避けた方がいい薬です。





|
抗ヒスタミン薬
(第2世代)
ザジテン(フマル酸ケトチフェン)
アゼプチン(塩酸アゼラスチン)
セルテクト(オキサトミド)
アレジオン(塩酸エピナスチン)
エバステル(エバスチン)
ジルテック(塩酸セチリジン)
タリオン(ベシル酸ベポタスチン)
アレグラ(フェキソフェナジン)
アレロック(塩酸オロパタジン)
クラリチン(ロラタジン)など
副作用として眠気があります。車などの運転をする時には、服用を避けた方がいい薬です。第1世代の抗ヒスタミン薬と比べて、眠気が少ない。
ステロイド薬 プレドニン(プレドニゾロン)
デカドロン(デキサメサゾン)など
抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬で治らない場合に使用されます。
その他 セレスタミン 抗ヒスタミン薬とステロイド薬が配合されており、痒みと炎症に効果があります。
分類 商品名(一般名) ポイント
抗ヒスタミン薬 ベナパスタ
(ラウリル硫酸ジフェンヒドラミン)
レスタミン(ジフェンヒドラミン)など
赤みと痒みを抑えるために、蕁麻疹の湿疹部分に直接塗ります。
ステロイド薬 ロコイド(酪酸ヒドロコルチゾン)など 蕁麻疹がひどい時に使用します。

いやはや、大変な目に遭いました。当分寒い時期のジョギングは昼間の暖かい時間帯にしようかと思います。それにしても花粉症の薬がこんなところでも役に立つとは思いませんでした。

- スポンサーリンク -