首(頸部)のリンパが腫れてしこりができたので検査を受けた

5週間ほど前でしょうか。首の左側に 1cm ほどのしこりができていることに気がつきました。よくよく触診してみるとその上にも 5mm ほどのしこりがあることに気がつきました。たまたま気がついたくらいなので痛くも痒くもありませんでした。

とうぜんググりますよね。

首回りのしこりには気をつけよう的なブログや病院のページが数多くヒットしました。首回り(頸部)にはリンパ節が集中していて、しこりができたら悪性リンパ腫を疑ってみよう的な記述が多いです。「藤井寺市医師会 豆知識」によれば、しこりの80%が腫瘍が原因だとか。

「しこり」は専門的には腫瘤(しゅりゅう)といい、こぶや腫れ物の総称です。頸部の腫瘤には臨床的に特徴があって、疫学的な研究上「80%の法則」というのがあります。大人の場合、首の「しこり」全体の約80%が腫瘍で残りの20%が炎症や先天的腫瘤(生まれつきのもの)です。その腫瘍のうち、なんと80%が悪性で残りが良性、この悪性の腫瘍の80%が首以外からの転移性腫瘍、そのうちの80%が首から上の頭頸部(とうけいぶ、首から頭蓋底まで)からの転移で、残り約20%が首から下の臓器からの首への転移だというのです。つまり、首の「しこり」は首から上の悪性疾患が原因のことが多い、といったデータといえます。実際、日常の診療でもおおむねこのような傾向があります。
首の「しこり」は、大きさや出来る部位や痛みの有無でおよその診断が可能です。押さえたときの痛みや熱など他の症状があれば炎症によるもの、顎の下なら唾液腺、首の正面の部位なら甲状腺などと推測できます。注意しなければならないのは、痛みも無くて急に腫れてきたものです。先の80%の法則のように、どこか他の腫瘍から首のリンパ節への転移が疑われます。

そんなこんなで、痛みのない首のしこりが悪性リンパ腫ではなかろうか?
と怖くなってネットで情報を集めてました。調べた感じだと首のしこりで考えられる病気はこんな感じのようです。

  • 局所的な炎症(風邪などのウィルスによる炎症、虫歯、扁桃炎、咽頭炎)
  • 結核菌によるリンパ節炎
  • アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状
  • 慢性リンパ節炎
  • 腫瘍
  • 悪性リンパ腫
  • 白血病

痛みがある場合は炎症、ない場合はリンパ腫を疑い、しこりの大きさも 1cm を超えるかどうかが一つの指標になるようですが、リンパ節は些細なことで腫れるものであり、炎症が軽度の場合や慢性的なリンパ節炎の場合などリンパ腫以外でも痛みがない場合もあり、無痛性が即ちリンパ腫というわけではないようです。

ま、なにより素人がネットで情報集めても不安が募るだけだと思い、まずは最寄りの大きめの病院へ行こうと、埼玉記念病院で診察してもらうことにしました。それがちょうど4週間前です。

- スポンサーリンク -

受診するのは何科になるのか?

  • リンパ節炎であれば耳鼻咽喉科
  • 脂肪腫であれば皮膚科
  • リンパ腫であれば内科(血液内科)

そんな感じで受診すれば良いそうですが、取り敢えず総合診療に回されました。症状を伝えたら、無痛でしこりってことで顔色が変わり、頸部の触診はもちろんのこと、全身のリンパが集まる箇所(脇、股)を触診。とりあえずしこりが認められる箇所は首のみのようです。

一応リンパ腫の疑いをなくすってことで、血液検査、CTをとりました。

血液検査は全く問題なし、ただ血液検査では出ない場合もあるようですが、CTを見る限り、しこりが他の箇所と分離しているので腫瘍では無さそうとの見解でした。

DSC07604.jpg

経過観察しましょうとのことで2週間後に再受診。その間にしこりが多少大きくなったのと、新たに二カ所にしこりが増えました。この日は触診だけでしたが、数は増えたけど、しこりが急激に大きくなってるわけでもないし、悪性リンパ腫ではないと思うが、心配ならセカンドオピニオンとして血液内科に専門医が金曜日に出張で来るので紹介状を出すと言ってくれたので、セカンドオピニオンを受けることにしました。

そして本日、改めて血液内科にて診断を受けました。

まずは過去にかかった病気、現在かかっている病気、体調等々を事細かく聴かれました。取り合えず気になる項目は下記の通りのようです。

  • しこりが5週間消えてない。痛みはほとんどないが偶に鈍痛がする
  • 春頃の首の粉瘤手術
  • 幼少の頃に骨肉腫を患った
  • 重度の花粉症で現時点で薬を飲み続けている
  • 倦怠感

そこで血液検査、胸部レントゲン、頸部エコーで検査することになりました。それぞれの検査の意味は下記の通りと説明していただけました。

血液検査で、1ヶ月の間に数値に異常値が出ていないか確認。
胸部レントゲンで、リンパが集中する箇所に腫瘍や炎症が見受けられるか確認。
頸部エコーで、しこりの数や形を確認して炎症かリンパ腫かを判別。

2時間ほど待ちましたけど、血液検査の一部を除き結果は即日でました。
血液検査は全くの異常値なし。
胸部レントゲンも全くの異常なし。
頸部エコーで触診でわかる以外にもしこりが左右にあることが判明。しこりのサイズも 1.3cm と思ったよりも大きかったが、形状が球状ではなく扁平で、リンパ節としての形状を保てている。(※悪性リンパ腫の場合は球状の場合が多く、リンパも形を保てていない場合が多いそうです。)

との結果となり、現時点では悪性リンパ腫の疑いは極めて低く、リンパ節を切り取って組織を調べるまで至っていないとのことでした。取り敢えず経過観察で1ヶ月に一度くらい見ていこうとのことになりました。

原因として考えられるとしたら、春頃の粉瘤手術で感染症でリンパが腫れたってくらいですが、正直良くわからないことが多いそうです。

いやはや、しこりが次々とできてきたので、悪性リンパ腫を疑いましたが、現地点でその可能性は極めて低い結果で良かったです。一安心です。そして倦怠感はしこりが原因ではなく、働き過ぎではなかろうかってことでした。

首にしこりができたら、怖い病気の可能性もあるので、ちゃんと病院で受診すると良いと思います。

- スポンサーリンク -