2013年7月旅行記 - 白馬八方尾根(後編)

白馬八方尾根二日目です。
帰りのバスの時間が午後3時ということもあり、朝早くから行動開始です。とりあえず朝5時に一番風呂を楽しみ、6時に朝の散歩を楽しみ、7時に朝食を済ませ、早々とチェックアウト。
山の天気は変わりやすいが奥さんの口癖なのですが、朝の散歩では曇だったのに、チェックアウトして数分歩いたら突然の雨。どうやら今日も天気に恵まれないようです。ゴンドラリフト・アダムからリフトを乗り継ぎ、八方池まで登山するのが今日のプランなのですが、いきなり雲行きが怪しくなって参りました。

DSC07865.jpg

- スポンサーリンク -

ゴンドラの中でとりあえず全員で雨合羽スタイルに変身。登山用じゃなく普通の雨合羽なので先行き不安です。ゴンドラを降りる頃には雨は一旦止み、アルペンクワッドリフトへ乗り継ぎます。

DSC07871.jpgDSC07884.jpg

アルペンクワッドリフトを降りてグラートクワッドリフトへ乗り継ぎます。標高1680mなのでさすがに涼しいを通り越して寒かった。半袖はちょっとキツイかな。

DSC07894.jpgDSC07898.jpg
DSC07907.jpgDSC07905.jpg

グラートクワッドリフトを降りると第一ケルン到着です。標高1820mです。目的の八方池までは距離1.5kmで時間にして90分の登山道です。

DSC07950.jpg

晴れていればなんともない距離なのですが、いかんせん、またもや雨が降り始めてきました。雨天なので足場が悪く、普通のスニーカーを履いてた僕らの靴はドロドロのグショグショで足から冷えてきます。

DSC07912.jpgDSC07918.jpg

悪天候だというのに登山客の数はものすごいです。富士山も渋滞するほど人が多いと聞きますが、なかなかどうして、この山も十分渋滞するほど人が多く、登山道が狭いのですれ違うのが大変です。あと傘さしての登山は危ないのでやめてほしいな。

DSC07920.jpgDSC07929.jpg

歩き始めて30分程度経過した所で休憩場がありました。娘の雨合羽が本当に簡易的なものだったので、中の洋服までズブ濡れで体力的にも限界と判断し、残念ながらここで引き返すことにしました。標高が高く雪も残っているくらいの気温なので無理すると確実に風邪ひきます。致し方なし。

DSC07931.jpgDSC07927.jpg

また天気の良い日を見計らって登りにきたいと思ってます。宿さえ取れるならば当日の天気を判断してから行きたいところなんだけどなぁ・・・。もうちょい近ければな。

DSC07938.jpgDSC07940.jpg

体も冷えきったのでゴンドラまで降りてきたら、とりあえず温泉に向かうことにしました。
向かった温泉は、おびなたの湯という源泉に最も近い温泉です。この選択が大正解!僕の大好きなアルカリ性単純泉で、pH11.6と日本屈指の強アルカリ性の源泉です。強アルカリ性なのでお湯に浸かると肌はすべすべを通り越してヌルヌルに近い感じ。この感覚がめちゃくちゃ好きなんです。足湯のすべすべ感をはるかに超えるヌルヌル感が堪らない満足感でした。

DSC07978.jpgDSC07985.jpg

おびなた湯は中心街からも離れていて、温泉以外食べるところすらなく、車かタクシーで純粋に温泉を楽しむために足を運ぶ必要があるところなのですが、めちゃくちゃ賑わってました。日本人温泉好きやわぁ〜と思いますわ。ほんと。

DSC07981.jpgDSC07983.jpg

体力的に限界を迎えていた娘も温泉でリフレッシュ。元気を取り戻してくれました。
娘はこの水車に興味津々でしたが、ここで、おびなた湯の湯を飲むことができます。加水して5倍に希薄してから200ml/日を上限に飲めと書いてありましたが、希薄せず200ml飲んでしまいました。希薄しないとものすっごく不味かったです。まぁ腹を下すことはなかったです。

DSC07989.jpgDSC07988.jpg

温泉入ったあとにお昼ごはん。「おひょっくり」なる食べ物を食べました。味噌汁的な何かです。美味しかったです。僕が食べた蕎麦はいまいちでしたが、アルカリ水で作ったうどんはコシがあり美味しかったです。

DSC07996.jpgDSC08001.jpg

帰りの時間まで1時間ほど余裕があったので、最後にスキーのジャンプ台を見に行きました。リフトでジャンプ台の上まで行くことができます。

DSC08008.jpgDSC08018.jpg

左がノーマルヒルで右がラージヒル。それぞれ高さ107mと138mです。高所恐怖症なので正直無理。でも本当に怖かったのはここから下を眺めることよりもジャンプ台に向かうまでの網状の階段です。下が丸見えでゾワゾワしてヤバイです。なんにしても、よくもまぁこんなところからジャンプして怪我をしないものです。鍛錬ってすごいです。

DSC08034.jpgDSC08026.jpg

そんな訳で白馬旅行のプランは、結局行き当たりばったりになっちゃいましたが、お時間となりまして、高速バスで長野駅に向かい、帰りの新幹線で大宮まで帰ってきました。いやぁ〜大宮、人多いし蒸し暑いわぁ〜ってのが新幹線降りたときの感想でした。

やっぱり旅っていいもんですね。また行きます!

- スポンサーリンク -