USB3.0 ポータブル HDD - WD My Passport 2TB を購入

家庭用 NAS を購入するもパフォーマンス的に全然満足いかず行き着いたのが Macbook Pro 常時稼働+外付 USB-HDD の構成。なんとも未来的でなく古臭い構成ですが仕方なし。

いろいろ品定めして選んだのが WD My Passport 2TB です。結論から書くと非常に満足のいく製品。速い、コンパクト、静音、安い、シンプル。全て揃ってます。

DSC00610.jpg

- スポンサーリンク -

今回の製品選定基準はこんな感じ。そんなにハードルは高く無いと思ってます。

  • なるべくコンパクトにしたいので 2.5 インチハードディスク
  • ポータビリティを考えて USB 3.0 接続でACアダプター不要な製品
  • OSX に接続するので Windows 向けのソフトウェアなどは一切不要
  • 容量はでかければでかいほどよい
  • NAS を売り飛ばした軍資金 1.5 万円以内で購入できること

で、いろいろ比較検討しましたが、2.5 インチで 2TB オーバーの製品は極めて少ない中で希望に合う製品は大凡以下の5つが該当しました。

メーカー製品名容量大きさ概算価格
ADATAAHV620-2TU3-CBK [BLACK]2.0TB78x21x115 mm12,000円
HARDDRIVE XS 3.0 3TB 36545 [ラバースリーブ]3.0TB182x31x114 mm12,000円
WESTERN DIGITALWD Elements WDBU6Y0020BBK2.0TB82.4x21x111 mm13,000円
WESTERN DIGITALMy Passport WDBY8L0020BBK [ブラック]2.0TB82x21x111 mm13,500円
トランセンドStoreJet 25H3P TS2TSJ25H3P2.0TB80.8x24.5x131.8 mm15,000円

最初は一番容量の大きい DRIVE XS 3.0 に目が行ったのですが、Amazon のレビューを見ると、1TB + 2TB のハードディスクをくっつけた製品のようで、パーティションが区切られているとのこと。もともと二分割して OSX 用と Windows 用に分けようと思っていたので全く問題ないのですが、ハードディスクにゴムカバーを付けただけの製品で耐衝撃がない製品のようなので候補から脱落。

じゃぁ軽くて薄くてなるべく安いやつと製品を絞り込み My Passport WDBY8L0020BBK を購入することにしました。My Passport シリーズにはいくつか製品バリエーションが有りますが、ソフトウェアが何もついていない一番安価なやつを購入することにしました。

インタフェースは USB3.0 です。本業でいやというほど USB と戯れてますが 3.0 のインタフェースは面倒臭い。実は写真の左側のコネクタ部分は micro-B そのものなので、スマホについてる USB2.0 のケーブルがそのまま刺さります。その場合には USB 2.0 規格で接続されます。これ豆知識。

DSC00613.jpg

Macbook と接続。まぁ正直邪魔くっさいけど仕方なしです。USB ポートを1つ専有しちゃうのもイケてないですけど、せめて本体はディスプレイの裏側に隠しちゃって視界に入らないようにしています。

DSC00614.jpg

本製品は NTFS フォーマットされているので、OSX のディスクユーティリティからフォーマットを変えないと OSX では読み取り専用でしか使うことができません。OSX で使うにはフォーマットが必要です。ちなみに、TimeMachine 向けに使いたい場合は Mac OS 拡張(ジャーナリング)でフォーマットします。

img009.png

というわけでまずは TimeMachine 用と Windows 用にパーティションを 1GB づつで区切り、それぞれ Mac OS 拡張(ジャーナリング)と exFAT にてフォーマットしました。

img010.png

Windows 向けのパーティションはファイル共有で everyone 全権限にして、他の PC から NAS のように扱えるように設定しました。

img011.png

これで当初目論んでいた NAS 環境が容量が小さいながらも実現することができました。
いやぁここまでくるのに長かった!

- スポンサーリンク -