2015年2月14日、娘の10歳の誕生日にディズニーランドへ行ってきました

娘の誕生日はバレンタインデーの2月14日です。
今年の誕生日は運良く休日土曜日なのでディズニーランドに行ってお祝いすることにしました。今回の目的はなんつっても夜のプロジェクションマッピングです。

夢の国へ行くととても疲れるので、お昼休憩と夜の帰宅を避けるために宿泊することにしました。ディズニーホテルに宿泊するだの云々ありましたが、個人的には十分に満足度の高いヒルトンホテルで許してもらえました。なんつっても夜のバイキングが美味しいですからね。

そうそう、今回は初めて電車で行くことにしました。まぁ日にちが日にちだけに、ものっそい渋滞することも人が多いことも覚悟してましたので。電車は思いの外時間はかからず1時間少々で夢の国へ到着です。朝も6:15出発と早かったので、寝ぼけ眼でウトウトしてても目的地に着くので車より楽でした。

ホテルに止まるとウェルカムセンターでさほど並ばずともチケットを購入できるのもポイントです。
チケットを購入して、モノレールの一日乗車券も購入して、とっととディズニーランドへ入場。思ってたとおり、わっさぁー人で溢れかえってます!
夢の国・・・世の中の父ちゃんはここからが辛抱のしどころ、戦いの本番です!

DSC05624.jpg

- スポンサーリンク -

今回のプランは全て奥さんにお任せしてて、吾輩はただただ文句も言わず付いて行けばよいのです。まずはビッグサンダーマウンテンのファストパスをゲットしにいきました。
もはやファストパスなしには乗り物は乗れない混みようです。

まずはじめにシンデレラのフェアリーテイル・ホールに入ることになりました。何気に生まれてはじめて入りました。ホール内はシンデレラのワンシーンを象る造形物が数々展示されてます。初めて見たので意外と新鮮で、細部まで作りこまれた造形物は興味深かったです。

DSC05637.jpgDSC05640.jpg

最後は満足気に王座に座しての記念撮影です。朝一番だったのでまだ空いててよかったですが、出ることにはすでに待ち行列ができてました。

DSC05643.jpg

お次はミッキーのフィルハーマジック。ここは以前も入ったことがありますが、待ち時間も短いし、座って見られるので結構好きです。以前見た時から数年経ってて結構忘れてたので新鮮でした。
今回持っていたカメラはデジタル一眼じゃなかったので、フラッシュ撮影、液晶画面を使用禁止の内部を撮影することはできませんでした。

DSC05658.jpg

ファストパスの時間がやってきたのでビッグサンダーマウンテンへ移動。絶叫者が大っ嫌いな娘も以前は楽しめたアトラクションのはずなのですが今回はダメだったようです。今回は隣に奥さんが座ったら、隣でキャーキャー言うので恐怖心が煽られたと本人は申してますが、もったいない、最後まで下向いて目をつぶりっぱなしの娘でした。もう二度と乗らないそうだ。

DSC05669.jpg

お次は昼のパレード、フローズンファンタジー・グリーティングです。アナ雪です。
ものっそい良いワンショットが撮れてるかのようですが、望遠+超解像で12倍っズームでとった写真です。100m程進んでは止まってポーズを決めてくれるんですが、場所が悪かった、あっという間に通り過ぎて行きました。残念。

DSC05679.jpg

ココからは早くもお土産タイム。
遅くなると人混みも激しくなるし、疲れちゃうと嫌になっちゃうので、ホテルに人休憩しに行く前にお土産を買うのだとか。どちらにせよ世の中の父親はベンチに座ってるかお店の入口付近で暇そうに待ってるかの二択です。沢山いましたよ、似たような父親が。
マジック見せてその商品を売るとか、商売うまいね。感心します。娘も見事に釣られてマジック商品を買いましたよ。

DSC05694.jpg

ホテルに戻る前に夜のプロジェクションマッピングの中央鑑賞エリア鑑賞席の抽選をしにいきました。えぇ当然ハズレました。ってか周りで当たってる人は一組もいなかったけど、これ当選率ってどれくらいなんですかね?軽く計算してみました。
混んでる日は大凡入場者数は5万人程度らしい。鑑賞席は1500〜2000席程度らしい。1/3程度はリゾートホテル宿泊特典で予約されてると考えると、1000/50000という計算式に。つまり2%が当選確率?多く見ても5%程度?こりゃヤベェー。

DSC05713.jpg

14:30ほどに一旦ディズニーランドを後にして、ヒルトンホテルへと向かいました。15:00前だけどチェックインさせてもらえました。ハッピーマジックルームは内装は子供っぽいですがベットが3つあるのでお気に入りの部屋です。
歩き疲れた足を暑いお風呂でもみほぐし、ガッツリ1時間半ほど寝て体力を回復させました。

DSC05735.jpg

夢の国はどこもかしこも高いし並ぶのでお昼を食べてません。めちゃめちゃお腹へってたので、ちょい早めの夕食ってことで、17:00にはフォレストガーデンのバイキングを食べに行きました。余裕の一番乗りでした。

もうめちゃめちゃガッツリ食べました。どうにも食べ放題に行くと制御が効かないようです。
インドカレーやらタイの辛いフォーなど刺激物が直腸を直撃したようで、デザートをとってる最中に猛烈な腹痛が襲ってきました。急いでトイレに駆け込み猛烈な冷や汗を流しながら15分ほど下痢と戦いました。

DSC05762.jpg

せっかくのディナーが台無しです。食べようと思っていた美味しそうなデザート食べられず。
無念。無念。無念。・゚・(つД`)・゚・

DSC05764.jpg

まさか本来の目的のプロジェクションマッピングが、よもや見に行けない事態になるとは思いもよりませんでしたが、ホテルの部屋で休息したら腹痛も無事治りました。
無事に3人で夜のディズニーランドへ向かうことが出来ました。景色は夜のほうが圧倒的に綺麗ですね。

DSC05775.jpg

バレンタインデーでしかも土曜日の夜。やべぇ人混みが半端ない。朝の京浜東北線の混み具合と同じレベル。プロジェクションマッピングをどこから見るかなーって結構悩みました。人混みかき分けて横からでもいいから近くで見るか、遠くから全体を見るか。結局遠くから全体を見ることにしたのですが、悩んでる間にも人混みが増え続け、もはや近くで見るってレベルじゃない。もうエントランスくぐったあたりしかスペース開いてない状況でした。

DSC05779.jpg

エントランスくぐったあたりのレストラに横のスペースを陣取り30分ほどハピネス・オン・ハイの花火が始まるのを待ちます。吹きっさらしの風がものすごく冷たく、もってきた毛布で体を包み寒い中待ち続けました。毛布を持ってきてくれら奥さん偉い!

まぁ花火は無事動画を取るくらいにはスペースも開いてる状況でした。頑張ってムービー撮影しましたよ!

花火が終わり、いよいよワンス・アポン・ア・タイムのお時間。つまりプロジェクションマッピングの時間が近づいてまいりました。
これを目当てに来てる人も多いようで、ここからの15分程度で人が急激に増えました。もはや近くで見るってレベルじゃなくって、前の人の頭が邪魔で見えないレベルです。基本立ち見なので子供らは人の頭しか観ることができないレベルです。想像をはるかに超える人混みでした。

プロジェクションマッピングの20分間、35kgの娘をひたすら抱っこする筋トレの開始です。かなり筋肉痛になりましたが、ショーは噂に違わぬ流石の見応えでした。
まぁ良くもシンデレラ城全体に投影できるプロジェクターを用意したもんだと関心しました。皆が期待するアナ雪は結構後半です。筋肉がプルプルしてる間にあっという間にそのシーンは終わりました。

DSC05803.jpg
DSC05815.jpg

初めは22時まで遊びきるぞっ!と意気込んでた娘も疲れきった様子だったので、ショーを見終えてすぐにホテルに戻ることになりました。
ホテルに戻って暑いお風呂に入ってビールを飲んで朝寝坊しました。

いやぁ〜思った以上にワンス・アポン・ア・タイムは人混みが凄いので、良いボジションでちゃんと見たいって方は、オフィシャルホテルに宿泊して鑑賞席をゲットしたほうが懸命かもしれません。

まぁ10歳の良い記念にはなったと思います。おしまい。

- スポンサーリンク -