密かに話題?の西友の激安クラフトビールを買って飲んでみた

少々前の事になりますが、複数のブログで西友の激安クラフトビールが旨いと話題になっていました。気になって調べてみると実は随分昔から販売されてたようで、2014/8/30〜2014/10/4 までの「ベルギービールなど5種類をよりどり2本380円の圧倒的低価格で販売」というキャンペーン企画商品だったようです。
キャンペーン当時は、ベルギー産のセゾンシリー、スーパー64、イギリス産のゴールデンエール、ジェントルマンジェームス、スピットファイヤーの全5種類が各198円で売られており、同時期にイタリア産のアマルコルド・ブルーナ、ビオンダ、モーラの3種類も各399円で販売されたようです。

僕はお酒がめっちゃ好きな方ではないし、飲むとすればビールか梅酒程度で、まぁ炭酸水(主にゲロルシュタイナー)で我慢しようと思えば十分我慢できますが、一方で新商品は超気になる派でもありまして、スーパーやコンビニで新しいビールを見かけると、とりあえず1缶試しに買って飲んでたりしています。

まぁそんなわけで、西友のクラフトビールはどんなもんかいな?と気になってて、最寄りの西友東大宮店まで自転車で買い出しに行きましたが、その日入手できたのはベルギー産のセゾンシリー、スーパー64とイタリア産のアマルコルド ビオンダ、モーラの4本だけでした。他のビールは売ってなかったので既に販売終了したか、東大宮店が取り扱っていなかったかのいずれかでしょう。

DSC067701.jpg

一日でバカスカ飲むほどお酒に強くないので、何日かに分けて試し飲みしてみました。その日の体調によって旨味の感じ方が異なるし、二度目に飲んだ感じ方も違ったのでイマイチ信頼度が薄いかもしれません。あしからず。

- スポンサーリンク -

セゾンシリー(SAISON SILLY)を飲んでみた感想

DSC06775.jpg

原材料名麦芽、ホップ、カラメル色素
原産国ベルギー
価格99円
アルコール度数5%
西友の説明1850年からシリー(ベルギー)で醸造されているビールです。フルーティーでバランスの取れた女性も楽しめる逸品です。

以下、個人的な好みに基づく独断と偏見による感想。

初っ端に99円どうよっ!と勇んで飲んだビール。伝統に忠実に作られているベルギービールらしいが、一口飲んだ瞬間にこれはマズイ!と感じた一品。ねっとりと舌にまとわりつく甘いカラメル風味と長期熟成された独特の古びた香りがかなり苦手。ベルギー産ビールは好みの範疇外だと確信した一杯。

99円で女性ウケする味と張り紙が貼ってあったのでエール系と思って3本も買ってしまったことを激しく後悔・・・(;´д`)トホホ…
その後、ハーゲンダッツとともに飲んだらビールが甘いのでスイーツとは意外と相性が良いことが判明。

甘いカラメル風味とほのかな酸味
香りスタウトビール系?熟成された独特な香り。
炭酸の強さ弱い
きめ細かくなく泡がすぐ消える
評点(MAX10点)3

スーパー64(SUPER64)を飲んでみた感想

DSC06787.jpg

原材料名麦芽、ホップ
原産国ベルギー
価格99円
アルコール度数5%
西友の説明モルトとホップから醸し出される、香ばしいキャラメルのような香りと、ほんのりとした苦味をお楽しみください。

以下、個人的な好みに基づく独断と偏見による感想。

エール系のビールとのことで期待して飲んだら想像と全然違ってて一言で言えば口にあわない。セゾンシリーよりはこちらのほうが若干飲みやすいが、旨いか不味いか?と問われればキッパリ不味いと答える。セゾンシリー同様にねっとりと舌にまとわりつく独特な味が苦手。香りもエール系と言いつつ爽やか系ではなく鼻に残る独特な感じで苦手。結論ベルギー産は好み範疇外ということだ。

これも99円だったので2本も買ってしまったことを激しく後悔・・・(;´д`)トホホ…。しかもこっちはスイーツとも合わなかった。

香ばしいカラメル風味と軽めの苦み
香りスタウトビール系
炭酸の強さ弱い
きめ細かくなく泡がすぐ消える
評点(MAX10点)4

アマルコルド・モーラを飲んでみた感想

DSC06795.jpg

原材料名麦芽・糖類・コーヒー・ホップ
原産国イタリア
価格150円
アルコール度数9%
西友の説明厳選されたコーヒーを使用し、しっかりした味のエレガントなビールタイプの発泡酒です。

以下、個人的な好みに基づく独断と偏見による感想。

ベルギービールよりも好みの味に近いが、リピートしたいかと問われると一回飲めばいいやと断言する。コーヒーは依存症と言っても過言じゃないほど大好きだが、スタウトビールは苦手なので、好きなもの+嫌いなものを混ぜると旨くないという良い例だ。コーヒーの香りはかなり強く、はじめにコーヒーが来て後味にスタウトの香りが来る感じ。飲んだ後に舌に渋みを感じ、御飯のお供としては全く合わない。正直何と合わせるビールか想像がつかない。

アルコール度が高いため一本で十分な満足感を得られるが、スタウト系ビールはそもそも好きじゃないので二度と飲まない。

スタウトビールに濃いアイスコーヒーを混ぜた味
香りスタウトビール系+コーヒー
炭酸の強さ普通
比較的きめ細かい
評点(MAX10点)5

アマルコルド・ビオンダを飲んでみた感想

DSC06802.jpg

原材料名麦芽・オレンジハニー・糖類・ホップ
原産国イタリア
価格150円
アルコール度数6%
西友の説明オレンジハニー入りでフルーティでまろやかなな特徴の黄金色のビールタイプの発泡酒です。

以下、個人的な好みに基づく独断と偏見による感想。
個人的には旨いと思ってるヒューガルデンに近い味との情報を得ていたので、購入した4種の激安クラフトビールの中で最も期待していた一品であり、最も好みに近い味でもあった一品。最近飲んだビール(発泡酒等含む)の中で最も近い味といえば、ホワイトベルグが思いつくが、ホワイトベルグより濃厚でクセがある。後味は甘く舌にオレンジとはちみつの香りが残り風味が独特。

やはり日本のビールのような爽やさは皆無で、感覚的には梅酒の後味のようなねっとり感が残る。一番好みに近いが、これも一度飲めば十分。

白ビールに近い
香りオレンジの革+はちみつ+独特な酵母の香り
炭酸の強さ普通
程よくきめ細かい
評点(MAX10点)6

とまぁ話題の西友の激安クラフトビールで入手できた4種を試し飲みしみましたが、正直どれも口に合いませんでした。最も飲みやすいと感じたアマルコルド・ビオンダですら、僕は100円少々で手に入るホワイトベルグの方が断然旨いと感じます。ビールは個人の好みに大きく左右されると思いますが、まぁ僕は間違いなく日本人好みに仕立てたらた日本のビールの方が断然好きです。

そんなわけで西友の激安クラフトビール、確かに安いけど二度と買うことはないでしょう。
おしまい。

- スポンサーリンク -