鉄道博物館横のおふろcafe utataneが快適すぎてヤバイ

最近話題らしいので、鉄道博物館の横にある『おふろcafe utatane』に行ってきました。

大事なので結論を先に行っておくと、温泉とまんが喫茶がどちらも好きなら1日中だらだらとリラックスできる超快適空間でした!٩(๑´ɜ‵๑)۶

実は結構前からその存在に気がついてはいましたが、何気に行くのを控えていました。その理由はただひとつ。おふろcafeにリニューアルする前の大宮大成鉄道村という名のスーパー銭湯時代のイメージが悪かったからです。
埼玉は何気に温泉に恵まれていて、大宮からちょいと足を運べば本格的な天然温泉がそれなりに存在します。そんな中で大宮大成鉄道村は天然温泉でもなく単なる銭湯で、僕は温泉は好きだけど、銭湯は好みじゃないので、相当ガッカリした記憶があります。

ところが、おふろ cafe にリニューアルされてから、どうにも凄い人気らしいのです。いつもの見沼小春日和の朝風呂じゃなく、たまには違う温泉にも行ってみるか・・・と軽い気持ちで行ってみたのですが。。。

まさか4時間半も長居することになろうとは思ってみ見なかったですわ。(;´Д`)

DSC08539.jpg

- スポンサーリンク -

おふろcafeの料金体系はまんが喫茶そのもの!

一見すると複雑な料金体系に見えてしまいますが、まんが喫茶、ネットカフェに行ったことがある人には馴染みのある料金体系です。結局はフリータイムが一番お得に見えるようになってますし、実際だらだら過ごすとフリータイム以外ありえなかったりするんです。

フリータイム(朝 10:00 - 夜 2:00、館内着・タオルセット込み)
* 大人1,080円 / 小人540円(会員)
* 大人1,260円 / 小人630円(一般)

朝風呂(朝 5:00 - 9:00、館内着・タオルセットなし)
* 大人500円 / 小人250円

深夜割増料金(別途)(夜2:00 - 5:00)
* 大人830円 / 小人420円

時間制限(朝 10:00 - 夜 2:00、館内着・タオルセットなし)
* 大人500円 / 小人250円(60分)
* 大人680円 / 小人340円(90分)
* 大人840円 / 小人420円(120分)

個室でお昼寝プラン(昼 12:00 - 17:00)
* ダブルルーム +1,740円
* ツインルーム +3,480円

内装はかなり女性ウケする店作りでおしゃれです

こちらフロントから撮影した店内の様子。

過去様々なスーパー銭湯や温泉やまんが喫茶に行きましたが、他社を寄せ付けない圧倒的なオシャレ度の高さです。ちょうどハロウィンの季節だったので店内の飾り付けもハロウィン一色です。女性受けはかなり良いみたいです。

DSC08548.jpg

こちらが女性に大人気のラウンジ。

ハロウィンの飾り付けとかシャレオツで完全に女性向けです。暖炉も本物で済と炎も本物。雰囲気出てますよね。そんなわけで朝行った時は誰もいなかったのに昼前には女性客で埋め尽くされ、僕らが帰る時まで一度も席が空くことはなかった人気っぷりです。半端ねぇです。

DSC08551.jpg

今ならハロウィン時期限定の仮装コスチュームを楽しめます。

入店するやいなや、人がいないうちにと娘がコスプレを楽しんでました。店内をこの衣装でコスプレして過ごしても良いらしく、何人かそういう人がいました。

DSC08553.jpg

お約束!娘のコスプレ。何枚か着飾った中でもこの写真が一番良かったかな!?
あ、僕はコスプレ遠慮しておきました。

DSC08556.jpg

まんが喫茶ではお馴染みの無料コーヒーマシン。

豆を毎回引くタイプなので比較的美味しいコーヒーなのですが、ホットオンリーです。暑がりな僕はアイスが飲みたくて仕方ありませんでしたが氷はありませぬ。1,260円の入館料で贅沢言うのも何ですが、できれば氷を用意して欲しいです。加えて希望をだすならばオプション追加料金でいいからネットカフェのようなフリードリンクも欲しいです。

DSC08561.jpg

あまり知られていないのですがテラスもあります。

基本ぼっち大好き人間なので、テラスのように人がいないところで漫画本を読むのが気持ちよかったです。秋の涼しさと夏のぽかぽか日和が交じるこの季節、テラスでの読書が僕的にはおすすめです。 まぁお隣が国道 17 号なので若干うるさくはあります・・・。

DSC08562.jpg

こちらが大人気のうたた寝名物ハンモックです。

2しかない超激戦区です。基本的に譲り合って利用したいものですが、なかなか譲ってもらえないのが実態のようです。加えてハンモックの横にアロマを噴出するアロマディフューザーが置いてあるので、常に良い香りが漂っていて癒やされます。

ちなみに僕はハンモックの揺れが船の揺れに似てて、すぐに船酔い状態で気持ち悪くなってしまいました。かなり苦手です。

DSC08564.jpg

必要充分な漫画の品揃えに惚れた!

正直言ってここまで漫画料が充実しているとは思いませんでした。流石にまんが喫茶並とまでは行きませんが、話題となっている漫画はほぼ全てそろっています。品揃えも少年漫画、少女漫画、青年漫画まで幅広い品揃えですし、うちの奥さん的には雑誌の品揃えがかなり充実してると興奮してました。

DSC08575.jpg

おふろカフェと言うくらいなので当然カフェがあります。

入館料が超お得プライスなので、カフェのお値段は若干高めです。入館したら食べるものはカフェにしかないので腹が減ったら利用するしかありません。

DSC08586.jpg

まぁ確かにプライスはお高めでも、おしゃれだし、本も持ち込んでゆっくりしててもOKですし、出てくる料理も思ってたより本格的で美味しかったです。
お昼時はめっちゃ混み合うので、11:30 頃に利用するのがよさそうです。ちなみに朝風呂の時間帯はビュッフェもやってるそうです。

DSC08566.jpg

ちなむに僕が注文したのは、カレーうどんのめちゃ辛。
カレーの辛さなら全然最大級の辛さでも大丈夫だろうと思って注文したのですが、予想に反して大量のハバネロが入っている辛さでした。流石にからすぎて脂汗が大量にでてきて、半分しか食べきることができませんでした。

幸いにも、奥さんがカレーうどん普通辛を頼んでいたので、麺を移動させて食べました。めちゃ辛はヤバイです!(((( ;゚Д゚))))

DSC08568.jpg

娘はシラスご飯を注文。少しもらいましたが魚の臭みもなく新鮮で、普通に美味しかったです。

DSC08569.jpg

こちらも人気の無料マッサージ機とリクライニング。

ハンモックに継いで人気の場所です。マッサージ機はコントローラや部屋の張り紙にある通り、お一人様 20 分で交代制です。まぁ交代してくれない人のほうが圧倒的に多かったですけど。

リクライニングは早い者勝ちなので、まぁ基本的に席を譲ってもらえる機会はほぼなさそうでした。なのでリクライニングを確保したい場合は、今日見てる感じでは 11:00 前には行くのが良さそうです。

DSC08581.jpg

こちら無料のごろ寝スペース。

毛布が 150 円で借りられます。流石に開店直後から寝てる人はだれもいませんが、お昼ごろになると湯上がりの休憩に寝てる人がチラホラと。

深夜有料仮眠室のソファーベッドが昼間は無料開放されるのですが、ソファーベッドが結構使い古びた感じなので、清潔感はごろ寝スペースの方が圧倒的に上です。ソファーベッドは照明は明るく寝ながら本を読むスペースであるのに対して、ごろ寝スペースは照明も暗く寝るスペースなので使い分けるとよろしいかと。

DSC08546.jpg


我が家は次回から個室でお昼寝プランですかね

さてさて、結構このおふろカフェを気に入ってしまいました。(●´ω`●)

次回からは、家族で行く時には事前に『個室でお昼寝プラン』を予約して、朝 10:00 に行って昼までお風呂に入り、昼からは個室で漫画を読んで帰るというプランで行きたいと思います。

朝 10:00 に行くのがおすすめな理由

今日は朝 10:00 の開店直後に行きました。この時点ではお客も少ないので快適にお風呂も漫画も楽しむことができます。

特に注目しておきたいので露天風呂。
ここの露天風呂は確かに天然温泉なのですが、かけ流しではなく白寿の湯から運ばれた湯で循環式。なので早く入るほどお湯が綺麗です。濁ったお湯は嫌なので行ったらすぐに露天風呂ってコースが僕的にはイイかな。

まぁそういった意味でホントの一番風呂を楽しむには、お湯を入れ替えた直後の朝 5:00 からの朝風呂プランが良いのですが、朝早いし、9:00 で退館しなきゃいけないし、館内着とタオルセットがなし、とちょっと個人的にはツライかな。

個室でお昼寝プランが必要な理由

今日一日を振り返ってみると、朝は空いてたのですが、風呂から出てお昼ごはんをすませた 12:00 頃からめちゃくちゃ人が多くなってきました。結局 15:00 まで cafe にいましたが、人は増える一方で席数より人の数のほうが多い状態でした。
なので必然的に席取り合戦が始まります。基本的に席を離れたら速攻奪われる状態なので、みんな荷物で場所取りをしはじめます。基本的にそんな忙しない感じがとても嫌いです。

僕は相当に人混みや渋滞が苦手でで、お金で解決できるなら迷わずお金を使うタイプです。
なので、個室を確保するしか無いなと感じました。

まぁ大人2名の追加料金として 1,740円 x 2 = 3,480 円が必要になっちゃいますが、次からは『家族で行くなら個室でお昼寝プラン』を利用することで昼時の快適さを買おうかと思ってます。
加えて当日予約だと個室が確保できない可能性が高いので、事前に公式サイトの左メニューから『個室でお昼寝プラン』を予約しようと思ってます。事前予約だと若干割引があります。

もっとも一人で行くときは、僕的にはテラスとかで人のいない場所を確保できるので、普通のフリータイムで十分ですかね。

温泉としてくクオリティはどうか?

お風呂自体はは大宮大成鉄道村の時と同じで進化してません。結構使い古された銭湯って感じです。
個人的な温泉ランキングで言えば、泉質という意味では全然上位にランキングされません。いつも行く見沼小春日和の方がかなり上です。なんてったって源泉掛け流しかどうかの違いが大きいですね。

露天風呂は循環式と前述しましたが、お湯は泉質の濃さで関東有数の名湯と言われる白寿の湯を持ってきています。泉質的にはナトリウム塩化物強塩泉。もともとの白寿の湯は赤茶色に濁った鉄分たっぷりの泉質ですが、循環湯のため鉄分は除去されて白寿の湯のように茶褐色ではなく透明なお湯になるそうです。

温泉効果はかなり強い方だと感じました。かなり体が温まる効果が高いようで、風呂から出て汗がしばらく止まりませんでした。長湯すると確実にのぼせるかと思います。
また、女性風呂には泥パックがあるようで羨ましい限りです。

ちなみに場所はこちら。トータルでみると一押しの温泉なので、さいたま市周辺の人は一度行ってみてください。

- スポンサーリンク -